ブログ | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2024年 2月 26日 もうすぐ春がやってくる

こんにちは~担任助手の松永です。お久しぶりですね。先月は大学の期末試験がありどたばたしていましたが、試験やレポートと格闘し、無事大学二年生に進級できることになりました!これからも頑張ってまいります。

 

今日は2月26日、国立前期日程も2日目で多くの高3生は受験が終わったころでしょう。(今日まだ入試がある方はあと一息!!!もうすぐ終わりですよ!!)

進学先が決まった方は、ぜひこれから春を楽しく過ごしてください!今まで我慢していたゲームを思う存分進めるのもアリ、友達と遊ぶのもアリ、家でゆっくり寝て過ごすのもアリ、自分の思うままに過ごしちゃいましょう。ちなみに去年の私はひたすら寝ていました。あと受験期間中にとんでもなく太ったので少し運動したりしてました ^^

あともう一年頑張ることを決めた方へ。大学受験は人生の過程のなかの一部分にすぎません。少し話はそれてしまいますが、今後大学名をバイト探しの際や就職の際に履歴書に書くことになると思います。この履歴書を英語圏ではCVと呼ぶのですが、これは「curriculum vitae」の略で、「人生を駆ける道」という意味なんだそうです。かっこいいですよね。大学受験がたとえうまくいかなくても、人生終わりではありません。前向きに頑張っていきましょう。千歳烏山校スタッフ一同全力で応援しています!!

 

そしてこれから主役の新高校3年生!!!受験生としての自覚は持てていますか?だんだんと校舎に来る頻度を上げている人が多い一方、すぐに帰ってしまう人も多くみられます。勉強量を地道に上げていきましょう。何か困ったことがあれば校舎スタッフに相談に来てくださいね~

 

最後に、受験生の皆さま本当にお疲れさまでした!!!

次のブログ担当は坂本先生です!お楽しみに~

 


ここからはお知らせです!ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では、新年度特別招待講習のお申込みを受け付けております。

対象は高2生、高1生、高0生(0年生とは高校生レベルの学力を持つ意欲のある中学生)です。

東進生の講座を実際に体験できるチャンスです!!

3/1(金)までのお申込みで4講座まで無料(20コマ=1講座5コマ×4)で受講できます。

それ以降でのお申し込みとなりますと

3/13(水)までで3講座

3/20(水)までで2講座

3/27(水)までで1講座 無料体験が可能です。

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

 

2024年 2月 24日 いよいよですね!

ここからはお知らせです!ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では、新年度特別招待講習のお申込みを受け付けております。

対象は高2生、高1生、高0生(0年生とは高校生レベルの学力を持つ意欲のある中学生)です。

東進生の講座を実際に体験できるチャンスです!!

3/1(金)までのお申込みで4講座まで無料(20コマ=1講座5コマ×4)で受講できます。

それ以降でのお申し込みとなりますと

3/13(水)までで3講座

3/20(水)までで2講座

3/27(水)までで1講座 無料体験が可能です。

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

 

 

2024年 2月 20日 Quick march!

こんにちは~担任助手の濱島です~。最近はかなりポカポカな気候の日が続いていますね~。個人的には寒い方がかなり好きなので若干不愉快な時期になってきた感じがありますが・・・。

さて、もう2月も後半に入り、もうすぐ3月ですね。受験生の皆さんの多くにとってはこの時期、あるいはここから先が大切なターニングポイントになるのではないでしょうか。不安を抱いたり、落ち込んだり、はたまたその中でも希望を見出して自分と向き合ったりなど人によって抱くものは様々かもしれませんがとにかく前を向いて自分のことだけを考えて欲しいと思います(”Quick march!”は軍隊の号令で「前へ進め」です。3月のMarchともかけたつもりです・・・)。

確かに結果は結果で、合否も合否です。必要とされる得点に達しているかどうかというのがある種受験の仕組みだと思います。ただ、その結果が必ずしも本人のこれまでの努力の鏡像になるかというと、答えは否だと僕は思います。問題自体は毎年変わっているし、受験した年に偶然苦手な分野が出たのかもしれない、得意な問題で少し躓いてしまったかもしれない、色々と思うところも感じるところもあるのかもしれませんが、どんな問題が出ても、結果が出ても、これまで頑張ってきた事実は一切変わらないわけでたかが問題用紙という紙ペラ数枚にこれまでの努力が否定されるなんてことは絶対ないと僕は思います。何を思うかは好きにしてもらって構いませんが、努力してきた自分自身を「受け入れる」ことを忘れないで欲しいです。

さて、ここからの時期は受験生のみならず新しく高3になる皆さんにとっても節目になりますね。基礎的な面については次の春にはケリをつけたいですから、現状高速基礎マスターや受講などが進んでいないようであればしっかり進めましょう!特に英単語はやっておかないと本当に苦しみます!どこを目指すにしても語彙力自体は足りる足りないというようなスケールではなくちょっと多いか豊富であるか、というような規模感で問われます!市販の単語帳程度の語彙は春先にでも網羅できていないと厳しい戦いを強いられるのでササっと覚えてしまいましょう!国立志望の生徒であってももう受験本番まで1年ちょっとしかありません!まずはやるべきことをしっかり明確にして勉強に臨むようにしましょう!

次回は関根先生です!お楽しみに~!


ここからはお知らせです!ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では、新年度特別招待講習のお申込みを受け付けております。

対象は高2生、高1生、高0生(0年生とは高校生レベルの学力を持つ意欲のある中学生)です。

東進生の講座を実際に体験できるチャンスです!!

3/1(金)までのお申込みで4講座まで無料(20コマ=1講座5コマ×4)で受講できます。

それ以降でのお申し込みとなりますと

3/13(水)までで3講座

3/20(水)までで2講座

3/27(水)までで1講座 無料体験が可能です。

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

 

2024年 2月 18日 国公立受験まで1週間!

こんにちは!担任助手の仁科です!

2月も後半に入り、受験が終わった人も増えてきましたね。ただ、国公立が第一志望の人たちは前期の受験までまだあと1週間残っていますね。周りに受験が終わった人がいてうらやましく思ったりするかもしれませんが、自分の行きたい大学に向けて後悔のないように最後まで頑張り続けましょう。私立の結果に満足できていない人もいるかもしれません。でも、一番対策してきたのは第一志望校だと思うので今まで自分がしてきた努力に自信をもって自分を信じて当日全力を出してきてください。みんなが自分の力を出し切れることを祈っています。

受験生がブログを読んでくれるのは最後になると思うのでみんなに伝えたいことがあります。受験を終えた身からするとこれだけ毎日継続して一つのことについて努力していることって簡単なことじゃないし本当にすごいことだと思っています。つらいと思ったことや勉強をやめたいなと思うこともたくさんあったと思います。それでもみんながここまで努力してきたことはすごいことだし、これだけ努力し続けられた自分に自信をもって残りの入試に向かっていってほしいし、自信をもってこれからの人生を歩んでいってほしいなと思います!


ここからはお知らせです!ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では、新年度特別招待講習のお申込みを受け付けております。

対象は高2生、高1生、高0生(0年生とは高校生レベルの学力を持つ意欲のある中学生)です。

東進生の講座を実際に体験できるチャンスです!!

3/1(金)までのお申込みで4講座まで無料(20コマ=1講座5コマ×4)で受講できます。

それ以降でのお申し込みとなりますと

3/13(水)までで3講座

3/20(水)までで2講座

3/27(水)までで1講座 無料体験が可能です。

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

 

2024年 2月 16日 幸あれ!!!!!!!

こんにちは、担任助手の森堅輔です!!早慶も入試が本格化し、受験もとうとう終わりが近づいているなと感じています。これで受験生の皆さんが受験から解放されるとともに、私たちとのお別れも刻一刻と迫ってきていると考えると、私の目線からだと少し寂しい気持ちが残ります。悔いのないように最後まで勉強してくださいね。

さて、今回のテーマは受験生への激励文ということで、良いことを書きたいとは思うのですが、いかんせん何も思い浮かびませんでした。自分の語彙力と発想力の無さに涙が止まりません。文学部で3年間いったい何を学んでいたのでしょうか。不思議ですね。

何はともあれ、泣いても笑っても残り僅かの受験生活、結果が何であれ、2023年度のこの東進ハイスクール千歳烏山校で、今の受験生たち、今のスタッフたちと時間を共にできるのは今だけです。一期一会と言いますか、何と言いますか、今年一年間をここで皆さんと過ごせたのは何かのご縁があってのことだと思います。青い春である高校生活、皆さんの青春の一ページに私たちとこの校舎で過ごした日々が残ってくれると私はとてもうれしいです。皆さんが受験を終える最後の日まで、私は皆さんとの一瞬一瞬をかみしめて過ごそうと思います。受験生の皆さんもどうか、最後の入試が終わるその日まで、一日一日、そしてその一瞬一瞬を楽しんで過ごすことを忘れずにいてください。

以上で私から皆さんに贈る言葉を締めくくらせていただこうと思います。

次回は近藤先生です。きっと涙腺崩壊級の文章を賜って下さると思うので、期待していて下さい。