ブログ | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ 

2017年 9月 17日 学校の勉強と受験勉強との両立【植田編】

こんにちは^^ 担任助手の植田です! 前回のブログで体調管理に気を付けてくださいと言った矢先に、 もう喉が痛いです・・・ 自分のあほさ加減にあきれてしまいます、、、 さて、そんなことは置いといて、今日は 「学校の勉強と受験勉強の両立」です! 受験生にもですが、特に低学年の高1,2の皆さんは まだまだ部活もあって中々勉強の時間が取れていないというか方も多いのではないでしょうか。 ただ、それを言い訳にしていたらいつまでたっても、自分の目標を達成させるのは難しくなってしまいます。 また受験勉強との両立をするためにも、隙間時間の有効活用は必須です! 電車の中や、ご飯の前のちょっとした時間、 思い当たる節はありませんか? 少しでも使える時間があると思った方は、その時間で単語帳を見るなど、 ぜひ!行動に移してください! 高1,2の時期において受験勉強というのは後回しになりがちなものです。 例えば、学校で配られているものの、宿題になっていないからやらない、 など重要ではあるものの、急ぎではないために優先順位の低くなってしまっているものに、 いかに時間をさけるかがとても重要です。 そこで、そのような問題集などは土日の時間のある日に、 他のやらなければならないものとの兼ね合いを考えつつも、 その優先順位の低い問題集に取り組むことができるように、 その日の前日などに次の日1日の予定をしっかり立てるようにしましょう! そうすれば後は実行に移すだけなので、やりぬくだけです! 予定を立てても時間が足りないという人は予定の立て方が甘いのだと思います。 ただ毎日予定をたて続けていれば、自分がある問題集にどのくらいの時間がかかるのかなどがわかってきて そこは修正できるようになっていくと思います! なので予定は毎日しっかり立てるようにしましょう! ではでは、今日も1日張り切っていきましょう!

2017年 9月 16日 学校と受験勉強の両立(高1、2年生向け)

こんにちは! 久しぶりのブログへの登場です、2年生の江口です! 今日は、高校1・2年生向けに、 学校の勉強と受験勉強の両立について お話ししたいと思います!! この時期は、 文化祭体育祭などで皆さん忙しい頃かと思います… ですが!!!! そんなときに頑張れるかどうかが肝心です^^!! 疲れてしまって 長い時間勉強時間が取れないのなら、 移動時間で、集中して単語の勉強をする、 洋楽を聴くなどして、英語を忘れないようにする、 など、 短い時間でぱっと集中して勉強してみましょう!! 小さな努力の積み重ねが大切ですよ!!

2017年 9月 15日 直前期の勉強について【植田編】

担任助手の植田です! 最近大学で北里柴三郎先生について学んだのですが、 自分の思っていたより素晴らしい方で、今の日本の衛生環境があるのは先生のおかげです! 興味があれば調べてみて下さい! 今日は直前期の勉強についてです! 直前期は主に過去問を解いていました。 「そりゃ過去問を直前期に解くのは当たり前だろ!」 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 実はなかなか過去問を解く時間はありません。 第一志望の過去問は解くのは当たり前ですが、そのほかの過去問に手を回す時間が無くなってしまったり、 全ての志望校の過去問を解くのは実は難しいです! そこで、過去問を解く時間が確保できるように、 今の時期に、しっかりと基礎を固め直したり、いままで使っていたテキストや問題集の復習を しっかりと怠らないことが大事です! 今の時期や直前期に基礎に立ち返るというのは、 不安に感じてしまうかもしれませんが、 そこは恐れずに立ち戻ってやり直すことも大切です。 そのためにもしっかりと、具体的な予定を立てて実行することがカギになってくると思います。 是非立ててみて下さいね! 季節の変わり目で体調を崩しやすいと思いますので、十分注意して勉強に専念できるようにしましょう^^ 今日も1日張り切っていきましょう!!!

2017年 9月 13日 受験直前期の勉強法

こんにちは、深海です! 今回は、少し早いですが自らの受験直前期の勉強法について書きたいと思います! 自分は受験直前期は主に過去問を解いていました。 それは、最終的に合否を分けるのは、どれだけ過去問を解いたかによると思っていたからです。 過去問を解いていない時間は、世界史の一問一答と英単語をとにかくやっていました。 今振り返ってみて思うこととしては、自分はあまり色々なものに手を出さず、 逆に決めた教材を完璧に覚えるくらいやりこみました。 結果から言えば、自分のやったことはあっていたのかなと思います。 受験が近づくにつれて、不安がより募っていって、色々な教材に手を出してしまいがちですが、 それではすべてが中途半端になってしまうので、しっかり一冊をしあげよう!

2017年 9月 7日 第一志望はこうして決めた

こんにちは、深海です! 今日は、自分の第一志望の決め方について話します。 まず、自分の場合は、第一志望であった慶應義塾大学は、高校受験でも受験した学校でした。 そして、その時は落ちてしまったので、大学受験ではリベンジしようと思い、第一志望にしました。 なので、大学選びは案外スムーズに決まりました。 悩んだのは学部選びのほうでした。 正直、最初のほうは慶應に入れるならどこでも良いと思っていたのですが、いろいろな人の話を聞いたり、調べたりしているうちに、慶應法学部に魅力を感じるようになりました。それは留学がしやすい学部であり、なおかつ私大最難関であったからです。 受験するなら、多少厳しくてもレベルの高い大学を狙いたかったので、慶應法学部がピッタリだなと思い、第一志望に決めました。 決め方はどんな理由でもいいので、決めたら、めげることなく最後までその志望校に向かって全力で勉強しよう!!!