ブログ | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ 2021年09月の記事一覧

2021年 9月 28日 過去問との向き合い方

こんにちは!担任助手の城です!

もう秋本番ですね。僕は去年、涼しくなり本番が近づいてくるのを感じて危機感をより持つようになったのを覚えています。本当にここからあっという間です。結果が出ている人も出ていない人も気を引き締めていきましょう!

今日はこれまでに引き続き過去問について話したいと思います。個人的に思うところは3つあります。

復習を疎かにしない

これは実際に体感した事で、試験本番では意外にも前に出された問題がそっくりの形で出てくることがあります。(特に私立)僕は復習が雑なタイプでした。そして、そのツケが本命校の入試で回ってきてしまいました。たかが数年前の問題、確実に見た事はあるのに解けず、一方でしっかり復習していた仲間はその問題を取り切り見事合格していました。こんな終わり方は本当にもったいないです。このような思いをしないためにも復習はきっちりしておく事をおすすめします。

太刀打ちできなければ時間を延ばしてみる

もちろん学力面での仕上がりには個人差があります。早めに過去問を解く中で、流石にこの出来では過去問を解くのは意味が無いのではないかと思う人もいるかもしれません。それでも、この時期から過去問を解く事のメリットは本当に大きいです。(なぜかというのは常に言われていると思うので省きます)自分のレベルを冷静に分析して、甘すぎず、厳しすぎない設定で頑張ってみるのも一つの手です。ただ、こんな事をできるのも秋までです。実力を伸ばすための努力にも時間を残せるように自分で考えてみてください。

最後は気持ち

最終的に大事なのは自分がどれだけその大学に行きたいのかという覚悟です。どれだけ愛情があるかです。特に国立志望の人にとってはこれは本当に大事です。自分で決めた志望校、最後までストイックに突き詰めて欲しいです。また、過去問をものさし的に利用している人は、その問題から色々な物を得ようとする心がけが鍵になると思います。引き出しをたくさん持った上で単元ジャンル演習に進んで行けばかなりいい結果が期待できると思います。

今からの時期は、真面目にやってきた人は成績がぐんと伸び始めてくる頃です。努力を続けた人にしか見えない景色が見える頃です。その目指すところに向かって10月も頑張っていきましょう。

2021年 9月 26日 予定通りに過去問を進めるために

こんにちは、担任助手の菅野です!!

9月も終わりが近づいてきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先週の「秋分の日」を皮切りに暦の上ではというのにまだまだ暑い日が続いていますね…。季節の変わり目は体調を崩しやすいので自分自身でしっかりと管理するようにしましょう!

さて、受験生の皆さんは先週のグループミーティングでは二次私大過去問演習の予定表を記入したと思いますがその予定通りに演習を進めることはできているでしょうか?その場でなんとなく書いただけでもう既に遅れ始めているという人がいると思います。過去問演習に限らずとも、受講の計画を立てたのに守ることができない、気づいたら予定より大幅に遅れてしまっている、、ということがよく起こる人は「何にどれくらい時間がかかっているのか」を明確に把握しておくことが必要です。まずは自分の頭の中の予定と実際の行動、この二つを比べることから始めましょう。そうすれば自然と自分がどこで予想以上に時間をかけているのか分かるはずです。校舎のホームクラスの入り口に「一日の行動計画表」というものが置いてあります。この紙には「予定」と「実際」が横並びで記入できるようになっているためとても便利です。是非活用してください!!

また、自分の頭の中の計画と実際の行動に違いが生じたときに何にどれくらい時間がかかっていいるのかを知る、という考えは模試や過去問演習の中でも応用できます。自分の中では試験時間内に解き切る予定だったのにも関わらず、実際にはまるで時間が足りなかったという経験がある人は、自分がどこの大問で時間を超過してしまったのか、そして自分にどのような力が備われば、その超過した時間が生まれることを防げたのかを考えることが大切です。ここまでできれば、あとは足りなかった知識や自分の能力を普段の勉強で強化していくまでですよね。模試や演習でいつも解き終わらない…と悩んでいる人は参考にしてください。

次の担当は近藤先生です。お楽しみに!

2021年 9月 24日 過去問を制する者は受験を制する

こんにちは。担任助手の鈴木です。

いよいよ9月も終わりですね。高校3年生の皆さん、過去問演習は進んでいるでしょうか?本日のテーマにも記載させてもらいましたが、私は「過去問を制する者は受験を制する」と思っています。東進では、8月中に共通テスト10年分・二次私大過去問5年分を目標に指導していますが、なぜこの時期に過去問に取り組む必要性があるのでしょうか?色々言われていると思いますが、私は過去問を解くことで「最終ゴールをいち早く知るため」だと思っています。夏までに基礎学力を身に付けた後、入試問題に太刀打ちするためには応用力を養っていく必要があります。特に二次・私大の各大学が作成する入試問題では、超頻出の問題もあれば過去10年の内1年しか出題されていない問題もあります。そのため、全員が同じような学習範囲に同程度の力を注ぐのは非効率です。よって、過去問に取り掛かり一人ひとりが出題傾向を分析することがとても重要です。この過去問分析過程を無視した演習は、無意味です。

また、ここ最近単元ジャンル別演習に取り掛かっている生徒が増えてきています。単元ジャンル別演習では、これまでに受験した模試の成績や修了判定テストなどのデータと志望校の出題傾向をAIが分析し一人ひとりにあった問題集を作成したいます。今年からは、弱点集中攻略順・修得効率重視順を選択することができるようになりました。担当担任助手にどちらで進めるべきか確認しましょう。このツールでは、セット数が人によって異なりますが、基本的に11月末までには、全セットを修了させられるようにしましょう。学習方法としては、複数のセットを同時に進めるよりも一つ一つのセットを確実に潰していくことが重要です。毎週のグループミーティングで進捗状況を確認しますが、一日あたり、最低1セットは修了できるように学習しましょう。

まだ、単元ジャンル別演習を開始できていない生徒に関しては、二次・私大過去問に取り掛かりましょう。5年分は早急に取り掛かることが重要です。また、1回目で合格者平均点を超えることはなかなか厳しいです。挫けずに取り掛かり、出題傾向を分析することに重点をおきましょう。応援しています!!

最後に本日24日は、低学年向けにサイエンスセミナーが開催されます。参加した生徒は、来週のグループミーティングにて他の生徒にも学んだことを簡単に話してあげましょう。また、今後も東進では、低学年生向けに「トップリーダーと学ぶワークショップ」などのイベントを開催していきます。詳細が決まり次第お知らせするので進んで参加してみてください。

次回は、菅野先生です。お楽しみに!

2021年 9月 22日 過去問の秋

皆さんこんにちは!千歳烏山校担任助手の牧瀬です!

もうすぐ10月ですね。この間の難関大・有名大模試はどうでしたか?高3はそろそろ本番までに受ける模試も減ってきて、カウントダウンが始まる頃ではないでしょうか。残り少ない模試、1回1回をより一層大切に受けてみてください!

今日は過去問をすること(早く取り組むこと)のメリットについて説明したいと思います。グルミやHRや面談など、様々な機会において「共通テストと二次私大の過去問を早急に5年分解こう!」といった旨の話を聞いていると思いますが、それだけ耳にするということはそれほどの理由が有る為です。

現時点で、どの科目が何年分進んでいるのか、きちんと把握していますか??校舎で話しているとそもそも自分の現状を把握していないような子もいるため、もし自分の状況が分からないようだったらすぐに確認してくださいね!

そして、過去問を解くメリットについてですが、まずは何といっても、自分の本当に必要な勉強が分かるという事です。解くことで、自分の目指している大学がどのような問題を出すのか分かり、その中の苦手な問題は自分の中で最優先で潰さなければいけない苦手、という事になります。端的に言って、過去問演習はこれからの自分の勉強の道しるべになるため、解かない手はありません!

また、早い時期に過去問に取り組んだ方がいい大きな理由は、過去問は現状把握のための手段に過ぎない為です。過去問をたくさん解いたからといって、それだけで点数が大幅に上がるかというと、そうはいきません。解いてからの行動によって点数が伸びていく面が大きいのだということを把握しておいてください。そして、その「解いてからの行動」とは要は復習のことですが、通常、過去問の復習には問題を解く時間の倍かかるといわれています。そのため、莫大な時間を費やす必要が出てきます。それには早期に始めおかないと、せっかく解いても復習を十分に出来ない、、という事態に陥り、過去問を解く意義が半減してしまう恐れがあります。

「過去問をたくさん解いてしまったら、冬以降の直前期に解く問題がなくなってしまうから解きたくないです。」といった主張をよく聞きますが、その悩みを解決するのが単元ジャンル別演習講座です。自分に役立つ問題を大量に提案してくれるため、問題の枯渇に悩む必要はありません。そのため、あまり過度に恐れず、どんどん過去問演習を進めていってください!

本日は以上です!次回の担当は鈴木先生です!お楽しみに〜!!

2021年 9月 20日 過去問をやる重要性

こんにちは!担任助手の近藤です!

受験生の皆さんは昨日、難関大・有名大模試があり、高1、2年生は来週に記述模試がありますが、勉強は順調ですか?

特に受験生は、本格的に過去問に始めてから始めての記述型模試だと思います。

結果がどうであれ、必ず復習をしてくださいね!

 

さて今日はその過去問を今の時期に行う重要性ついてお話します。

 

2次私大の過去問は、共通テストでは発見できなかった自分の弱点が顕著に表れます。

共通テストのようなマーク式や明らかな誘導がある問題では、はっきりと理解していない問題やなんとなくおぼえてしまっていた問題でも感覚で解けてしまいます。

特に共通テストの数学や物理では時間との闘いのため、解答欄の桁数や選択肢の数字を見て解法を考えたりする癖がついてしまいます。

なんとなく解き正解してしまった問題は復習対象に入らず、そのまま根本理解はできていないけどできるものとして認識されてしまいます。

 

それに比べ2次私大型の過去問、特に記述型の過去問では、誘導が共通テストに比べあからさまでなかったり、選択肢にあればこれだと確信が持てるのに記述で名称を聞かれると自分で思い出すことができないものなどがあり、いかに自分の知識があやふやなのかを確認することができます。

 

そこであやふやだったものを参考書などでもう一度根本理解をするという等の良い機会を与えてくれるのが二次私大の過去問を早めに解くことの利点でもあると思います。

 

他にもこの時期から解くことで、自分の志望校の傾向を掴むことができ効率的な勉強ができることだったり、のちのち併願校の過去問を解く時間が多く確保できるなど良いことがたくさんあります!

 

今の時期に第一志望の過去問を解くことに怖いと感じる人が多いかもしれませんが、まだ9月なので点数を深く気にする必要はありません!むしろ、最終的に自分がどのくらいのレベルに到達すればいいのかがわかる良い機会だとおもいます。

怖がらずに思い切ってやってみてください!

 

次回の担当は牧瀬先生です!お楽しみに!!!!