最後に伝えたいこと | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 6日 最後に伝えたいこと

こんにちは!担任助手の小松です!

最近は気温も上がり、桜の季節ももうすぐ終わりそうです。春休みもあと1・2日で終わるという人が多いのではないでしょうか?充実した春休みは送れましたか?

 

今日は私の最後のブログになるので、自分が一番伝えたいことを書こうと思います!

 

皆さんに伝えたいことを一言で言うと、「後悔のない高校生活にして欲しい」ということです。これが私からの最後のお願いです。

ポイントとしては2点あって、1つ目は「何事も決めるのは結局自分であり、その結果は全て自分に返ってくること」、2つ目は「自分を甘やかさないこと」です。

1つ目について、私が担任助手として多くの生徒を間近で見てきて思ったのは、本当に人それぞれだということです。学生生活において何を優先するかは部活・勉強・課外活動など、各々違います。そして、どれも高校生活でしかできないことなので、どの選択をしても間違いはないと思います。

ただ、いずれを選択しても大事なのは、必ず最後まで全力で取り組むこと、周りに惑わされないこと、だと思います。絶対にこれだけはやりたいというものがあるならば、周りに影響されずにやり通してください。

特に受験生になると、周りが勉強を本格的に始めて、部活生は焦りを感じると思います。でもそんな時も、部活も受験も両方悔いが残らないように頑張ればいいんだとポジティブに捉えるようにして欲しいです。限られた時間で質の良い勉強をしていれば、部活を引退した後にその集中力と勉強の質の良さが大きなアドバンテージになると思います。

部活との両立の話をしてきましたが、時間の面でいうと、どうしても部活をやっていない人の方が有利になってしまいます。なので、受験勉強のために部活をやめる、というのも1つの手段です。私も高校生の時にその選択をしました。

自分が何を優先するかは自分が決めることですが、その選択を後々後悔する人もたくさんいます。なので、自分がどうしたいかを決めるときは先のことも考えながら、よく吟味した上で選択するようにしてください。

2つ目に関して、これは1つ目に関連してくるのですが、一度部活を頑張ろうだとか勉強を頑張ろうと決めても、行動に起こさなければ結局何も変わりません。

高校生活は辛いことも多いですが、その分逃げようと思えばいくらでも逃げれると思います。勉強しようと計画を立てたのに、結局携帯やテレビも1日中見ていた、なんていうことは誰しも経験があると思います。ですが、まだやらなくても大丈夫と自分に言い訳をしている人はいつまで経っても自分を甘やかし続けます。3年生の夏になったらやるだろうと心のどこかで思っている人もいるのではないでしょうか?自分を甘やかし続ける人が、急に心を入れ替えてやり始めるなんてことは正直滅多にないです。自己過信にならないように気をつけてください。

最後に、大学生になって改めて思うことですが、大学受験は人生で一番勉強する機会であり、努力が正当に評価される最後の場です。あんなに勉強することはこの先もないのだろうなと思っています…だからこそ、高校生の皆さんは今の時間を大切にして欲しいです。

これからは離れたところから皆さんを応援することとなりますが、皆さんの合格が聞ける日を楽しみに待っています!!今までありがとうございました!

次回の担当は白石先生です!お楽しみに!!!


ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ東進生の1日を体験してみてください!
お申し込みはブログの最後のバナーから受け付けております!