ブログ | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 2021年11月の記事一覧

2021年 11月 30日 志望校の決め方

こんにちは!担任助手の近藤楓佳です!

 

急に寒くなり乾燥する季節になりましたが、風邪をひかずに元気に12月を過ごせるよう頑張りましょう!

12月といえば共通テスト模試や1000題テストなど模試イベントが盛りだくさんなので、上手く活用して元気に充実した年越しを迎えましょう!

 

さて低学年はそろそろ本格的に志望校を考える時期、そして受験生は併願校を決定する時期になりましたね!

迷っている人の参考となればと今回は私の志望校の決め方等を踏まえ低学年向けとなってはしまいますが、志望校の決め方についてお話していければなと思っています。

 

私自身やりたいことや学びたいことが見つからず志望校がなかなか決まりませんでした。

そんなときにいろいろな大学のオープンキャンパスに参加し実際にキャンパスを見ることで、雰囲気に一目ぼれをしてこの大学に行きたい!と決めました。

その一方で学部はなかなか決まらなく困っていた時に、担任助手の通っている学部のお話を聞いて志望校を決めました。

 

大学に入って実際に勉強をすることで志望校選びは本当に大切だったと実感しました。

私は元々東進に入るまでなんとなく情報科学系の学科を志望していましたが、いざ大学でプログラミングの勉強をしていったときに自分には合わなかったので選択しなくてよかったと感じています。

また大学の同級生の中では、想像していた大学の勉強内容ではなく嘆いている人を見かけます。

 

大学の授業内容などを実際に通っている人に聞くということはなかなかないかもしれませんが、直接お話を聞くことは志望校を決めるうえでとても良い判断材料となるので機会があったらぜひ活用してみて下さい!

また烏山校では12月に担任助手が通っている学部の紹介をするイベントを開く予定なので参加してみてください!

 

以上で終わりです!

次回は細川先生です!お楽しみに~!!!!

 

 

ここからはお知らせです。

皆さんこんにちは!

10/25(月)より、東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「冬期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

冬期特別招待講習のお申し込み期間は10/25(月)~12/25(土)、そして受講期間は11/8(月)~1/7(金)となっております。

また、10/25~12/11の間にお申し込みされた方は東進の授業を3講座無料12/12~12/18の間にお申し込みされた方は東進の授業を2講座無料12/19~12/25の間にお申し込みされた方は東進の授業を1講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから

2021年 11月 28日 出願校決定のポイント

こんにちは!担任助手の菅野です。2021年度も早いもので残すところあと1か月程度になりましたね。だんだん冷え込みこ厳しくなってきているので風邪には気をつけつつ、良い年越しを迎えられるようにあと一か月頑張っていきましょう。

さて、今日も出願校決定についてお話しようと思います。ここまで沢山の担任助手が出願校を決める際のポイントや実体験を書いていたと思いますが、私も例に漏れず受験校を選ぶ際に意識してたことを2点お伝えしたいと思います。

1自分の性格に合わせた出願をする

いきなり自分の体験談になってしまい恐縮ですが、私は進路や進学といった大きな決断をする際に起こりもしないリスクを考えて悩みの渦に入ってしまうことが何度かありました。そのため、大学受験でどこに出願しようか考える時には起こり得るリスクを想定して、そもそも悩まなくていいような出願をするようにしました。簡単に言うと 行くか行かないかで迷いたくない→行きたいところしか受けない 抑えの大学に入学金を入れるか入れないかで迷いたくない→納金を待ってくれるところにしか出願しないといった選び方をしたということです。このような視点で受験校を決定したためかなり攻め気の出願の仕方にはなりましたが、その結果大事な受験期間を進学のことについて悩む時間で無駄にすることなく過ごすことができました。自分の特性を分かっているのは自分自身や家族の方だと思います。出願校を決める時は友達や先輩、学校、塾などから多くの情報が流れてくると思いますが、自分自身の強みや弱みを理解した上で決めるという視点も持っておくとストレスなく受験に向かうことができると思うのでお勧めです。

 

2本当に学びたいこと、やりたいことのある学部を選ぶ

多くの人が良く言うことではありますが、出願校決定の際の最重要ポイントだと思います。大学では幅広い学びを得られると言えどもやはりある程度は学部色の強い授業が多くなることは否めません。もちろん授業に追随する課題も学部での学びを用いた記述が求められます。例えば私は観光学部に所属していて、観光についての勉強を日々しているので課題も「上海の都市観光について3000字で述べなさい」「コロナ禍における観光者の心理を2500字でまとめなさい」といったようなものが多いです。この分量の課題をやるのは正直簡単ではないですが私自身が観光学を本当に学びたいという気持ちが強いからこそこなせていると実感しています。自分の意欲に関係なく、やれと言われたことはしっかりやり切れるという人も中にはいると思います。しかし、大抵の場合は自分の興味のないことにはなかなか身が入らないものです。必死で勉強して乗り越えた受験生活の末に入った大学で、学びが合わずにしんどい思いをするということは絶対にない方がよいです。そうならないためにも、「その学部に行って自分は何を学びたいのか」というところまで考えて出願をするようにしましょう。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

次回の更新は近藤先生です! お楽しみに~

 

ここからはお知らせです。

皆さんこんにちは!

10/25(月)より、東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「冬期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

冬期特別招待講習のお申し込み期間は10/25(月)~12/25(土)、そして受講期間は11/8(月)~1/7(金)となっております。

また、10/25~12/11の間にお申し込みされた方は東進の授業を3講座無料12/12~12/18の間にお申し込みされた方は東進の授業を2講座無料12/19~12/25の間にお申し込みされた方は東進の授業を1講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから

2021年 11月 26日 受験校選びについて 〜医学部編〜

こんにちは、担任助手の城です。

最後の記述模試も終わり、多くの人は東進で受ける模試も来月の最終共通テスト模試を残すだけとなっていると思います。もうここから追い込みです。自分にとって最高の形で春を迎えられるように頑張っていきましょう。

今日も出願のポイントについて話していくのですが、自分が経験した医学部入試は他の学部の入試と比べ少し異質なものでした。医学部志望の人はこの校舎では少数派かもしれませんが、医学部に関係が無い人でも「へぇー」ぐらいの感覚で読んでもらえたら嬉しいです。

国公立について

共通テストの点数が占める割合

これは医学部に限った話では無いですが、総合点の中で共通テストの点数が占める割合は大学によって違います。自分は共通テストの方が得意なのか、2次の方が得意なのか、過去問演習や模試を通して確認しておいて、まずはこの割合で出願校を絞ってみましょう。その後問題の相性だったりを判断していけばいいと思います。

②後悔の無い選択を

僕は共通テストの点数がイマイチで、結果的に国立は医学部に出願せず、受かっても最悪は浪人するという選択肢でもって他の学部に出願しました。しかし僕と同じくらいの点数だった同級生が最難関レベルの大学に合格したのを見て少し悔しい思いをしました。決めるのは自分自身ですが、妥協しすぎると悔いが残りますよ!

私立について

学費

どうしても出願において考えなければならない点です。お父さん、お母さんとよく相談してください。僕の場合は、大学の学費が安い順にならんでいるリストを親と見ながら、ここまでなら受けて良いよ、といったことを確認していました。

②配点

これは国公立でも言える話ですが、科目ごとに配点が違っている、つまり大学ごとに重視する科目が異なるということです。自分の得意な教科が高い割合を占める大学にアタックすれば、もちろん合格率は上がります。現に去年僕が受かった私大2校は、得意だった英語に重点が置かれた大学でした。

最後に国公立、私立共通することですが、それは本当にその大学で学びたいのかどうかということです。6年間の大学生活、1つの大学にそれだけ長い間お世話になります。大学に入る事がゴールではないので、第一志望では無いにせよここなら行きたい!と思える所に出願していくことを強くおすすめします。そもそも第一志望に行ける受験生は本当に一握りしかいません。併願だとかそんな概念はもはやいらないです!周りの人と相談した上で、自分が行きたいと思える所を受けましょう!

今回は以上です。長くなってごめんなさい!次回は菅野先生です、お楽しみに!

 

ここからはお知らせです。

皆さんこんにちは!

10/25(月)より、東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「冬期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

冬期特別招待講習のお申し込み期間は10/25(月)~12/25(土)、そして受講期間は11/8(月)~1/7(金)となっております。

また、10/25~12/11の間にお申し込みされた方は東進の授業を3講座無料12/12~12/18の間にお申し込みされた方は東進の授業を2講座無料12/19~12/25の間にお申し込みされた方は東進の授業を1講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから

2021年 11月 24日 受験校選びについて~国立文系編~

こんにちは、担任助手の牧瀬です!

高3生の皆さん、21日の難関・有名大模試の復習はもう済みましたか?本番までの模試の数も数える程になってくる時期なので、1回1回の模試をより大切にしていきましょう!

さて、今回も引き続き併願校の決め方についてお話ししていきたいと思います。私が受験生の時に気にしていたポイントは主に出題形式点数配分、そして日程です。

出題形式

私は、第一志望校が高1の冬から変わっていなかったため、併願校を選ぶ際にはいかに外大の二次試験に出題形式が似ているかで私立の学部を選びました。どのような出題がされるかは高3の夏ごろから様々な大学の過去問を調べてなるべく被るものを探しました。こうすることで、私立対策をしている間も二次の為になることに取り組むことができるため、気持ち的にも余裕が持てます。

点数配分

これに関しては、シンプルに自分の得意科目を活かすことの出来る配点になっているかを重視して選びました。私は、英語と世界史が得意で国語、特に古文が苦手だったため、古文単体の出題が無く古漢融合型の問題が出るところを選んだり、英語で差をつけるために英語の問題の難易度が高い学部を選んだりしていました。同じ学部を受けるにしても方式は色々あるので、自分に最適な方式を調べてみて下さい!

日程

意外と重要性が高いのが日程です。緊張したり、長時間集中力を使う本番の日は体力的にも精神的にもとても疲れるため、何日も連続して受験をすることはあまりオススメしません。私は何日か空けて受験をしたかったため、毎週大体水曜日と土曜日が受験日になるように組みました。間の数日で次の受験校の対策の仕上げをすることができたため、今考えると良いペースだったように思います。しかし、2月中を次の受験校の対策に費やしすぎて気が付いたら国立2次試験対策に時間が割けていない、、といったことにはならないよう気を付けてください!

 

私が気にかけていたポイントとしては以上になります。併願校選びで何を大切にするかは人によって様々だと思うので、何か一つでも参考になっていれば幸いです。

次回の担当は城さんです!!お楽しみに~^^

————————————————————————————————–

ここからはお知らせです。

皆さんこんにちは!

10/25(月)より、東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「冬期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

冬期特別招待講習のお申し込み期間は10/25(月)~12/25(土)、そして受講期間は11/8(月)~1/7(金)となっております。

また、10/25~12/11の間にお申し込みされた方は東進の授業を3講座無料12/12~12/18の間にお申し込みされた方は東進の授業を2講座無料12/19~12/25の間にお申し込みされた方は東進の授業を1講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから

2021年 11月 18日 受験校の決め方について

こんにちは!千歳烏山校担任助手の佐藤真尋です!

急に寒くなってきましたね。ついこの間まで夏だったのに秋を飛ばして冬になってしまいました。体調管理に気をつけてすごしてください。

今回のブログでは受験校の決め方について実体験を基に話させてもらいます。受験生は併願校、低学年は第一志望の大学の受験校の決め方について話すので、低学年の方もぜひぜひ最後まで読んでください。

1.併願校の決め方

私は併願校の数について話させてもらいます。完全に個人差があると思いますが、私の併願校の数は3校なので世間的にみればとても少ないです。少なくした理由としては、単に、多く受験するのが面倒だったからです。これはあくまで私の考えですが、受験校の数はできるだけ少なくしたほうがいいと思います。ほかの人も同じ内容についてブログで書いているので、いろいろな人の意見を参考にしながら考えてみてください。

2.第一志望校の決め方

第一志望校の決め方として一番優先するべきことは、自分の行きたいという気持ちだと思います。学力よりも行きたい気持ちを優先するべきだと思います。根性論ではなく、実際に行きたいという気持ちは今後のモチベーションをどう保つかに大きくかかわってくるので、自分の行きたいという気持ちを大切にしてください。行きたい大学がない人はとりあえず学力で考えてみてください。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。次回は板倉先生です。是非読んで下さいね~

 


ここからはお知らせです。

皆さんこんにちは!

10/25(月)より、東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「冬期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

冬期特別招待講習のお申し込み期間は10/25(月)~12/25(土)、そして受講期間は11/8(月)~1/7(金)となっております。

また、10/25~12/11の間にお申し込みされた方は東進の授業を3講座無料12/12~12/18の間にお申し込みされた方は東進の授業を2講座無料12/19~12/25の間にお申し込みされた方は東進の授業を1講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから!

過去の記事