部活に打ち込む人の勉強計画 | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 30日 部活に打ち込む人の勉強計画

こんにちは!担任助手の城です!

いよいよ夏本番、今年は梅雨明けが早い気がしますね。早めに夏休みモードに切り替えてやっていきましょう!

僕は高3の夏まで部活をやっていたので、主に部活生向けに話が出来たらと思います。まず受験生に向けて伝えたいのは、限られた時間で、引退後の自分にとってプラスになるような勉強をすることです。とにかく時間が無い中、他の人に対してアドバンテージを作るのは正直難しいです。一番大事なのは、引退後にすんなりと勉強に入っていくことだと思います。そのためには、基礎の抜け、計算力の無さ、本番までにやるべきことが分かってない、受講が進んでない、などといったことが無いようにすることが必要です。引退が夏を過ぎる人は過去問にも手を付けておく必要がありますが、夏前に引退する人は最低限のことを確実にこなしておけばいいと思います。高いレベルのことを要求するとは思いますが、「当たり前のことを当たり前にやる」という大前提だけは忘れないでくださいね。

低学年に向けても実は言う事は変わりません。「当たり前のことを当たり前にやる」これだけです。高1高2でこれをサボると悲惨な未来が待っています。忙しい忙しい高3で取り返しのつかないことになり、浪人まっしぐらです!普段の受講、学校の授業、課題、目の前にあるものを淡々とでも良いのでまずはこなしていきましょう。キツくてもがむしゃらになって食らいつきましょう。その行動が必ず受験生になった時自分に返ってきます。

本題の計画についてですが、僕がおすすめするのは、とにかく最初に自分に合った計画の立て方を見つけることです。一日ごとにバチバチに決めてやるのか、少し余裕を持たせて一週間単位でやるのか、色々と試してみてください。自分に合わないやり方でやっても無意味なものになってしまいます。これが定まれば、計画の立て方も上手になり、よりスマートに勉強を進めていけると思います。

頭を使って、賢く勉強していきましょう!