過去問は最高の問題集 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2020年 9月 15日 過去問は最高の問題集

こんにちは!担任助手の尾見です。

 

9月になりだいぶ涼しくなりましたね。

気温は落ち着きましたが、受験勉強はここからが勝負です。

これからも熱くいきましょう!!

 

 

さて、今日のテーマも過去問についてです。

昨日まで、各担任助手が過去問演習の重要性について語ってくれました。

「過去問は大事」というのは皆さん十分理解していると思いますが、

重要視しすぎて神格化している人もいるのではないでしょうか…?

 

例えば、

「過去問は基礎が固まってから解きます!」

「入試直前まで大事にとっておきます!」

といって過去問を解かない人が一定数います。

 

もちろん基礎がある程度固まっていなければ歯が立ちませんし、

初見の問題を解けるようにしなければならないというのも一理あります。

 

ただ、考えてみてください。

基礎が固まるのはいつですか?

直前期に初見の過去問が全く解けなかったらどうしますか?

 

過去問は大事に解くべきです。が、大事にしすぎて逃げているのでは本末転倒です。

過去問は、「志望校に最大限特化した問題集」と考えるのがいいと思います。

 

過去問を解いて傾向と自分の弱点を把握し、

復習して必要な知識をインプットし、

2周目で完璧に解けるようにする。

この流れは普通の問題集と同様です。

過去問も問題集の一種ととらえて、どんどん解いていきましょう!

 

千歳烏山校では、

9/20(日)までに第一志望校の過去問5年分修了

を必達条件としてお伝えしています。

少し遅れているな、と感じている人は残り5日間全力で頑張りましょう!

 

過去問の活用の仕方は、昨日までのブログもぜひ参考にしてください!

 

 

さて、明日からはまたテーマが変わります。

次は藤井先生です。お楽しみに!

 

 


ここからはお知らせです

ただいま千歳烏山校では

東進1日体験をしています。

「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」

そんな方はいませんか?

東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!

ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!