過去問の分析は重要!! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2020年 10月 4日 過去問の分析は重要!!

こんにちは!千歳烏山校担任助手の大森です。

全国統一高校生テストまであと3週間になりました。

受験生は、共通テスト本番レベル模試が10月と12月の残り2回になります。それぞれ自分の実力を試す場として大切に使ってください。

 

さて今回は、過去問の分析について話していきます。

 

皆さん過去問の分析はしてますか?

頭では必要だと分かっていても、行動に移すのは難しいですよね。

多くの人がそう思っているはずです。

 

しかし、過去問を分析することは確実に合格への近道と言えます。

なぜなら、過去問を分析をすることで

 

①志望校の入試で求められる知識を把握できる。

②自分にはどの知識があってどの知識がないのかが分かる。

という2つの効果が得られるからです。

 

①は、知識のレベルや知識の種類、知識のアウトプットの仕方など様々なことを指します。

それらを理解し、志望校の入試に必要な勉強を選んで実行するというのが合格への近道になります。

 

②は、①と似ていますが、こっちの方が重要になります。

過去問を解いたあと、自分にある知識ない知識を細かく確認していくことが大切です。

 

過去問分析は自分自身の分析にも繋がるのです。

また「正解した設問には、正解できた根拠があるのか」や「なぜ不正解だったのか」など細かいところまで追えた分析は自分にプラスになります。

 

「単元ジャンル演習講座」も分析の一種です。

「必勝必達セット」というのは、皆さん一人ひとりに必要な学習を絞り出したものです。

必勝必達セットを修得していくことも、合格への近道になります。

 

ただ、単元ジャンル演習だけでなく、皆さん自身も分析をできるようになってください。

単元ジャンル演習の分析+自己分析の両方を行えば、分析の正確性もかなり上がるはずです。

 

というわけで、今回は以上になります。

次回は猪股先生です!お楽しみに!

 


 

ここからはお知らせです。

ただいま東進ハイスクールでは

10月全国統一高校生テスト(10/25実施)の受付をしています。

共通テストに対応している模試です!

このテストを受けることで、

自分の実力を測るだけでなく

今後やるべきことが明確化されるのでとてもおすすめです!

受験部門に関しては

高1生部門高2生部門全学年部門オンライン部門

に分けられています

 

高1,2生でも全学年部門を受験することは可能なので

共通テスト本番レベルの問題に挑戦してみたい方は

是非全学年部門にお申込み下さい!

 

無料で受験することが出来るのでぜひ受けてみてください!

※申し込み期間 9/1(火)~10/23(金)

お申し込みはブログの最後のバナーから受け付けております!

 

 

また、ただいま千歳烏山校では

東進1日体験を実施しています。

「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」

そんな方はいませんか?

東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!

ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!