過去問制したものは受験を制す | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 17日 過去問制したものは受験を制す

こんにちは。担任助手の鈴木です。

いよいよ9月も後半戦です。高校3年生の皆さん、過去問演習は進んでいるでしょうか?この時期、文化祭・体育祭等イベントがある学校も多いと思いますが、受験生は当然ながら受験勉強あるのみです。当日のみは、思いっきり楽しんでいい思い出を作ってください!さて、東進では8月中に共通テスト10年分・二次私大過去問5年分を目標に指導していますが、なぜこの時期に過去問に取り組む必要性があるのでしょうか?色々言われていると思いますが、それは「最終ゴールをいち早く知るため」です。夏までに基礎学力を身に付けた後、入試問題に太刀打ちするためには応用力を養っていく必要があります。特に二次・私大の各大学が作成する入試問題では、超頻出の問題もあれば過去10年の内1年しか出題されていない問題もあります。そのため、全員が同じような学習範囲に同程度の力を注ぐのは非効率です。よって、過去問に取り掛かり一人ひとりが出題傾向を分析することがとても重要です。この過去問分析過程を無視した演習は、無意味です。

また、ここ最近単元ジャンル別演習に取り掛かっている生徒が増えてきています。単元ジャンル別演習では、今年度より多くの演習問題に解説授業が導入されました。二次・私大過去問を取得している方のみです。共通テスト対策のみしか取得していない学生さん。すみません。)今年の単元ジャンル別演習は復習ツールが充実しています。解くだけでなく得点を挙げる学習を心掛けましょう。詳しい復習方法についてや学習の進め方については、1人1人異なってくるので副担任に聞いてください。ただ、全生徒共通していることは毎日2セット修了を目標に学習しましょう。

まだ、単元ジャンル別演習を開始できていない生徒に関しては、共通テスト過去問や二次・私大過去問に取り掛かりましょう。5年分は早急に取り掛かることが重要です。また、1回目で合格者平均点を超えることはなかなか厳しいです。挫けずに取り掛かり、出題傾向を分析することに重点をおきましょう。応援しています!!

次回は、佐々木先生です。お楽しみに!!


ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ東進生の1日を体験してみてください!
お申し込みはこちらから受け付けております!

 

最新記事一覧

過去の記事