記述模試の復習法〜国語編〜 | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 6月 21日 記述模試の復習法〜国語編〜

こんにちは!担任助手の板倉です!!

6月も後半になり、夏休みも目前となりましたが、長期休みに努力量を最大化する準備はできていますか?

東進生(受験生)は毎年夏休みに毎日15時間勉強をします!!

夏休みを有意義なものにするためには、その前の期間の過ごし方がとても大切です!

具体的には6月中に基礎を固めることと、長時間勉強に慣れておくことが必要です!

さて、本題にはいりますが、5月30日にあった第1回難関・有名大模試の復習は終わってますか?二次私大本番レベルなので、苦戦して当たり前です…!しっかり復習することで本当に力になるので、根拠が明確になるまできちんと復習しましょう!!

第2回の7月18日まで1ヶ月を切りました。問題形式は第1回と全く同じなので、しっかり復習すれば、必ず全教科得点アップできるはずです!!

私が二次私大の国語の勉強で意識していたことは次の2つです。

 

①古文・漢文を得点源に!

古文・漢文は他のどの教科に比べても圧倒的に覚える事が少ないです。また、基礎が完璧になっていれば、二次試験でも十分に太刀打ちできます。ですから国語が苦手な人は早急に古文・漢文の基礎知識を頭に詰め込みましょう!!

例えば、古文で全文を完璧に現代語訳できなかったとしても、単語帳に載っているレベルの単語と文法が分かっていれば、問題で聞かれている部分は必ず答えられるはずです!

 

②量より質

これは決して演習量が少なくて良い、という意味ではなく、がむしゃらに問題を解き続けるよりも、一題一題を大切にしっかり自分の物にした方が結局、効率よく勉強できるということです。

なぜなら、現代文、古文、漢文、共に題材となるテーマや話の展開にパターンがあり、似ているものが多いからです。

実際に、私が受けた受験本番の問題の本文の多くが既視感のあるものでした。

ですから、扱ったすべての問題において、設問の箇所を復習する事はもちろんのこと、話のテーマや流れ、論理展開を理解することが大切です!

次回のは近藤さんです!!お楽しみに〜!

 

 

ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!

また,ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「夏期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

夏期特別招待講習では、6/1(火)~7/14(水)の間にお申し込みされた方は東進の授業を4講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから!

最新記事一覧

過去の記事