記述模試の復習法〜世界史編〜 | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 6月 18日 記述模試の復習法〜世界史編〜

こんにちは!担任助手の細川寛子です。

皆さんにとって第一回目となる難関大模試、又は有名大模試、いかがでしたか?一年前、私自身初めてこの模試を受けましたが、特に世界史で撃沈した記憶があります。普段の共通テスト模試と違って、難易度も上がって戸惑った人も多いと思いますが、今後の二次私大対策に直結するので、復習をきちんと行って記述への抵抗をなくしてほしいです!

さて、前回の板東先生に引き続き、今回は世界史の記述模試の復習法についてお話ししたいと思います。

①模試中に行うこと

わからない問題、自信のない問題には必ず印をつけましょう!そうすることで、模試が終わってから復習する際に、わからない問題を探す手間を省くことができます。

②復習する際に行うこと

①で印をつけた部分を一問一答やテキスト、資料集、用語集などで早急に調べましょうそこで一発で覚えて自分のものにしましょう。私は一問一答を徹底的にやり込む派だったので、間違えた問題や記述のポイントなどは全て一問一答に書き込んで、すぐに自分の目に入るようにしていました。

正直、世界史は地味な作業の繰り返しです。試験中、思い出せないと非常に悔しいですが、世界史は復習こそが一番大事です!一度出たものは完璧にしましょう。そして、記述模試の復習の良い点は、闇雲に覚えていた用語や年号も、体系的に理解することができるという点です。今後世界史の勉強をする際に「記述でこのような問題が出題されるのでは?」と想像するのも大切だと思います。実際、私は志望校の中で記述問題がメインで出題されるところがあったので、記述問題の予想を常にしながら世界史の勉強をしていました。

今回のブログはここまでです。次回の担当は板倉先生です!お楽しみに!

 


ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!

また,ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「夏期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

夏期特別招待講習では、6/1(火)~7/14(水)の間にお申し込みされた方は東進の授業を4講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから!