新学年になるにあたって | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 17日 新学年になるにあたって

こんにちは。担任助手の鈴木です。

今日は、低学年向けの投稿となっています。夏休みが終わり12月から新学年に移り変わろうとしています。この時期に考えておくべきこと、今だからこそやるべきことについてお伝えするので是非最後まで読んでみてください。

さて、高校2年生はそろそろ選択科目の決定がある頃でしょうか?選択科目の勉強法は、自力でやる・学校で授業を取得する、あるいは東進の講座を取る。大きく分けて3つです。自分に合った学習法を選択してください。大前提としてですがどの科目を使うか決めるためには、志望校を決めないといけません。そのため、高校2年生は勿論のこと高校1年生も志望校について考えましょう。今後、志望校が変わってしまうと無駄な時間を割くことになります。当然ながら、志望校合格のためにはできる限り無駄な時間を無くし効率良い学習を心掛ける事が大切です。だから、今日家に帰ったら少し時間を取って興味ある大学・学部について調べてみてください。

しかし、高校1年生にとってはまだ自分が何に興味あるのかわからないと思います。現段階で見つかっていないことは全然悪いことではありません。しかし、情報を集め考える続けることが非常に重要です。そして、数多くある選択しを1つずつ絞っていきましょう。情報を集める場として東進では、毎月志イベントを行っています。各業界の社長や研究者を招いて講義+ディスカッションを行います。一見興味ないと思う回でも参加してみてください。一度、しっかり知ることが大切です。その上で興味ないならそれはそれで自分の成長につながっています。

また、ここ最近生徒指導を行っている過程で切実に感じることがあります。それは、高校2年生の3月までに主要科目をある程度完成出来ている生徒は、その後の伸びがよく合格しやすいことです。ある程度というのは、共通テスト過去問で6~7割取れているかどうかです。共通テスト独特の出題形式に苦戦しまだ苦手意識が強い人も多いと思いますが、まずは基礎知識・公式・解法等が身についているか確認しましょう。ここがクリアできていれば5割は超えます。後は、演習を積めば6割は必ず超えてきます。諦めずひたむきに努力し続けましょう。

具体的には、基礎固めとして取得講座の受講や高速基礎マスターの学習が挙げられます。高速基礎マスターに関しては、12月末までに単語・熟語・文法・例文・上級英単語迄完全習得しましょう。12月末までの2ヶ月半で2項目は必ず完全修得することが出来ます。どんなに部活が忙しい生徒でもやる気さえあればこなせていました。

勉強は地道ですが、毎日の積み重ねは1ヶ月後・半年そして1年後に必ず合格通知票という成果物となるはずです。一緒に頑張っていきましょう!

次回は、佐々木先生です。お楽しみに!


ここからはお知らせです。

ただいま東進ハイスクールでは

11/6(日)実施の全国統一高校生テストの受付をしております。

共通テストに対応している模試です!

このテストを受けることで、自分の実力を測るだけでなく、今後やるべきことが明確化されます!
受験部門に関しては高1生部門高2生部門全学年部門に分けられています。高0,1,2生でも全学年部門を受験することは可能なので共通テスト本番レベルの問題に挑戦してみたい方は是非全学年部門にお申込み下さい!

東進生でない方も無料で受験することが出来るのでぜひ受けてみてください!

申し込み期間 ~11/3(木)

お申し込みはこちらから!

過去の記事