単元ジャンル演習 | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 3日 単元ジャンル演習

こんにちは!担任助手の新開です!

夏休みが終わり、9月になりましたが夏休みは充実したものになったでしょうか。また、8月の模試の成績はどうだったでしょうか。目標点を達成できなかった人もいると思います。私も8月の模試で目標点には届かず、もうだめだと思っていましたが、夏休みの成果が出たのは秋~冬でした。なのでそういうものだと思って2学期からも頑張りましょう!

今回は志望校別単元ジャンル演習の使い方について紹介します!

まず、志望校別単元ジャンル演習とは共通テストの成績や過去問の成績を見てAIが自分の成績を分析し、苦手克服のための問題を大量に提案してくれるものです。優先順位もAIが判断して、左から順番に並べてくれるので左から順番に進めていってください!ただし、共通テスト過去問を5年分、二次私大の過去問5年分終わらないと使えないので注意です!

この、単元ジャンル演習では自分の苦手な範囲で、第一志望校の入試問題のレベル、形式にあった問題を大量に演習出来るのでとても役に立ちました!私が気を付けていたポイントは、

①一日に全ての科目に触れること。

②苦手な分野はたくさん解く。

です!

①私は私立文系志望だったので毎日英語、国語、世界史すべての科目を演習するようにしていました。英語は毎日新しい長文に触れていないと英語力が落ちると思っていたので必ず1日1長文解くようにしていました。国語は学校がある日に現代文と古文両方やるのは大変だったのでどちらかにしていました。その代わりに解説を理解できるまで読んだり、世界史の暗記に多く時間を使うようにしていました!世界史は疲れてきた時にも解ける科目だったので疲れてきたなと思った時にやったり、学校に持って行って解くようにしていました!

②過去問を解いてこの形式の問題できないなと思った時単元ジャンルにある問題を使っていました。各セット3~4つほど合格点が取れれば修得になりますが、苦手な範囲はセットになっている問題を解ききるくらいやっていました。例えば、私は古文の日記や評論がとても苦手だったので、セットの問題を解ききりました!

単元ジャンル演習で提案されている問題をすべて修得すれば必ず成績が上がっているはずなので頑張ってください!!

今日はここまでです!次回は細川先生です。お楽しみに~!


ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ東進生の1日を体験してみてください!
お申し込みはこちらから受け付けております!

最新記事一覧

過去の記事