勝負の夏休みが迫ってきました! | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 7月 8日 勝負の夏休みが迫ってきました!

こんにちは!千歳烏山校担任助手の小松です!

多くの高校生は期末試験が終わった又は真っ最中ではないでしょうか?期末試験が終わればいよいよ勝負の夏休みに入りますね!高3生はもちろんですが、低学年の皆さんもこの夏休みを利用してライバル達と差をつけましょう!

本日も先日に引き続き「夏休みに向けてのポイント」をお話ししたいと思います。実際に自分が経験して大事だと感じた3点をお伝えしていきます!

 

①大まかな計画も立てる

夏休みに入るとその日の勉強のことでどうしても精一杯になってしまいます。なので、目の前のことだけに集中しないように夏休みに入る前に大まかな計画を立てましょう!「夏休み以降は何をしたいか→夏休みが終わったときにどのような状態になっていればいいか→夏休み中はいつまでに何を終わらせればいいか→1日ごとのタスクリスト」と逆算して計画を立てていくことが重要になってきます。

②塾に登校しているとき以外の勉強時間を増やす

もう夏前なので、多くの人は学校が終わったらそのまま塾で勉強するというのが当たり前になっていると思います。ただ、夏休みには1日15時間勉強を毎日繰り返すことになります。15時間となると、もちろん東進の開館中の時間だけでは足りません。開館前と閉館後にも家で毎日勉強していきます!今のうちから家でも朝と夜に勉強する習慣を身につけましょう!(ちなみに私は、朝は昨日の復習、夜は音読と塾で終わらなかったもの、とやることを毎日決めていました!)

③量だけでなく質も高める

夏休みが始まってすぐは体力的にも余裕があり、集中力もある程度は維持できると思います。しかし、8月に入るあたりから長時間勉強することにも慣れてきて、また体力的にもキツくなり集中力が低下したという経験が私自身あります。

学校の課題やテスト勉強も、締切間際には効率よくできるのに余裕があると何故か捗らないという経験が皆さんにもあるのではないでしょうか?その原因としては「焦り」が足りないことが大きいのではないかと思います。夏当初はあった焦りが薄れてしまうことはしょうがないことだと思います。そんな時は自分の模試の得点と合格者平均を見比べて現状を再把握する・頑張っている友達の話を聞いて自分を奮い立たせることが大事だと思うので、是非やってみてください!

 

夏をどう過ごすかが受験の大きな分かれ目になることを忘れないでください。合格に最大限近づけるように一緒に頑張っていきましょう!!私からは以上です。次回は板倉先生です!お楽しみに!


ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!

また,ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「夏期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

夏期特別招待講習では、6/1(火)~7/14(水)の間にお申し込みされた方は東進の授業を4講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから!

最新記事一覧

過去の記事