ここからが本番だ! | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 20日 ここからが本番だ!

こんにちは。担任助手の鈴木です。

先日、2022年度共通テストが実施されました。今年度は、数学1A・2Bを筆頭に国語や理科科目においても難化傾向にありました。東進だけでなく大手予備校の予測では、平均点が大きく例年を下回ると言われています。そのため、国立・私大共テ利用共に合否はどうなるかわかりません。結果が出るまでは不安だと思いますが、これから始まる私大・国立二次試験に向けて対策を行っていきましょう。今後の学習内容において重要なことは、過去問演習と徹底した基礎・弱点の復習です。

①過去問演習

これまで、10月から2ヶ月間かけて二次・私大レベルの問題演習をこなしてきました。再度、志望校対策に戻ることで出題傾向をしっかり押さえましょう。併願校に関しても対策を行っていく必要があります。第一志望校と同じ学力層の大学に関しては5年分、ワンランク下の大学に関しては1~3年分解くようにしましょう。併願校の数や志望度合いによって演習年数は変動すると思います。自己判断するのではなく、担任・副担任に確認してみてください。

②基礎・弱点の復習

一般に大学個別の試験では、満点を取ることは不可能です。出題される問題の傾向として大学によって多少の変動はありますが、下記のようになっていると言われています。
5割:全受験生が解くことができる基礎問題
3割:合否を分ける応用問題
2割:大学レベルの難問
これまで、自分が解いてきた過去問を見返してみてどの区分に属している問題を間違えているのか分析してみてください。各単元によって異なると思いますが、5割の基礎問題を間違えているのなら要注意です。2週間弱もあれば十分に対策が可能ですので集中的に取り組んでみてください。

次回は、牧瀬先生です。お楽しみに!!