have you ever seen “Paul McCartney”? | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 11月 22日 have you ever seen “Paul McCartney”?

Hello, my friends, how are you?

Today, I want to write about my great experience.

This is, “Paul McCartney”!!!!

I mean, I went to his tour at Tokyo dome.

It was absolutely bririant, hard to forget!!

・・・

はい、というわけで、先日わたくし、来日中のポールマッカートニーの東京ドームでの公演に行ってきました!!

まずみなさんポールマッカートニーって知ってますかね??

 

 

 

 

この人です!!

ちなみに・・・

 

 

 

 

この人でもあります!!

もう分かりましたか・・??

元ビートルズの人でーす!

どちらかというと、皆さんのお父さん、お母さん世代でしょうか??

いや、おじいちゃん、おばあちゃん世代でしょうか?

ビートルズは1960年代に活躍した歌手ですからね☆

そんなビートルズ出身のポールマッカートニーのライブに行ってきたわけですが、

なんというか、71歳になったポールが歌う50年前の曲・・・感動しました。

昨年のオリンピックの開会式でも歌われた”Hey Jude”、これを東京ドームで5万人で大合唱したのですが、泣きました。

そのときのパワー、一体感は、忘れません。

私はたしかにビートルズは好きですが、それは最近のことです。

去年イギリスに留学時に、たまたまエリザベス女王60周年式典を見て、そのときにポールが歌った数曲。

知っていたのは”Let it be”くらいでしたが、イギリス人はみな国旗を掲げて、踊っていました。

そこでビートルズに興味を持った私は、ビートルズ発祥の地リヴァプールに行き、ビートルズ博物館に行ったりもしました。

はっきり言って、ミーハーだと思います。

ビートルズで知ってる曲は有名どころだけだし、その後のポールのソロ活動時の曲はほとんど知りません。

だけれども、私はビートルズは好きです。

50年前に流行った曲を、今22歳の青年はこんなにも心躍らせられるって、すごくないですか???

やはりそれだけの不思議な魅力があるのです。

ぜひ皆さん、ビートルズの曲を聴いてみてください。

良い英語の勉強になると思います。

おススメの曲は、”Yesterday”, “Let it be”, “Hey Jude”, “Blackbird”・・・挙げたらきりがないです汗

この4曲は、比較的ゆっくりで、英語も聞き取りやすいはずです。

そして、是非曲の背景を調べてみてください。そこでビートルズの曲の素晴らしさに気付くはずです。

例えばYesterdayは、歌詞に出てくる”She”に注目するといいでしょう。

この”She”は誰の事を指すのか? それによって歌の意味合いが変わってくるのです。

また、歌では I belive in Yestedayとありますが、なぜ I believe Yesterdayではないのでしょうか?

in が入ることでどんな変化が生まれるのでしょうか・・・

また、Blackbirdという曲も素敵な曲です。

この曲に隠さされた意味は何かというと、「人種差別問題」です。1960年代の世界の情勢の背景知識が必要ですが、ポールは人種差別や公民権運動に対する思いをこのBlackbirdという曲で綴りました。

それがわかったら、”Blackbird”の意味が想像できますよね・・? カラスじゃないですよ??

このように、ビートルズの曲、ポールの曲はその曲に隠された意味を知ると、更に楽しむことができるのです。

もちろん音楽自体も美しくて素晴らしいのですが、世界中でビートルズが愛された理由、そして今も根強い人気を持つ理由は、ビートルズの曲の深い部分にあるのではないでしょうか??

是非皆さんも新しい視点で聞いてみてください。