8月のセンター模試まであと4日 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2015年 8月 19日 8月のセンター模試まであと4日

こんにちは!全学年念願のセンター模試がとうとうあと4日というところまで来ました!

担任助手の武川です。調子はいかがでしょうか。

 

今日はそのセンター模試がいかに重要でどういう心構えで行くべきなのかという話をさせて頂きます。

 

模擬試験。それはいわば部活で言えば練習試合のようなものです。

練習試合で私たちは自分の実力を試しますよね。

そのうえで自分がどこが足りないのか。どこを補強していくべきなのか。

ということを徹底的に突き詰めていきます。

 

そうすることで自分の勉強の効率を圧倒的にあげていくことが出来ます。

だからこそ模試は大事なんです。

 

模試を受けることで、

自分が全国の同学年と比べてどれぐらいの立ち位置にいるのか。

自分の最大の弱点は何で、強みはどんなところなのか。

 

という自分を判断するモノサシが見つかります!!

そのモノサシがこれからの武器となりそれからの自分を加速する一つの武器となります。

では、その重要な模試を受けるうえで心構えとして持っておくべきことがあります。

そのうえで間違いなく大事なのは目標点です。

 

目標点を決めて勉強をしているのと決めていないで勉強しているのではわけが違います。

自分が本当に心からその点数をとりたい!

その点数を取るとこんな自分が待ってる!と思えるような点数設定をしてそれに向けて残り頑張りましょう。

 

そして最後に大事なのは 

 

「模試は始まりの合図」

 

ということです。模試で終わった―!ではなく、一番大事なのはいかに本番で点数をとれるかです。

始まりだと思い次の勉強に精を注ぎましょう!

応援しています!!

 

 

 

 

 

担任助手 武川 広樹