4年間の大学生活を紹介します♪ | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 11月 20日 4年間の大学生活を紹介します♪

先日は、牧野担任助手に大学生活について書いてもらったので、

今回は山﨑がお届けします。

私の大学生活はこんな感じです。

①学校の授業

学習院の文学部は一年間で取得できる単位数に上限がないのが利点!!

<1年生で62単位取得>

⇒週5で一日に90分×3~4コマ授業を受けてました!

高校の時とあまり変わらないかもしれません。

<2年生で40単位取得>

1年生の時より一気に授業が減って楽に。授業がない曜日も週2ほどありました!!

ただ、毎週月曜日1限の心理学実験がきつかった。毎週レポートに追われてました。

<3年生で20単位取得>

授業が週3で一日に1つ、午前か午後に受けるといった感じ。

3年生の夏頃から様々な企業のインターンやセミナーに参加していました。

結構平日に行ったりするのですが、授業をほとんど休まずに済みました。

また、サークルも現役最後の年だったので練習に打ち込むことができました!

<4年生では卒論のみ!>

授業はなし。自分のペースで卒論するのみでした。

②サークル活動

私はラテン音楽を演奏するビックバンドサークルに所属しました。

新歓でのライブを見たときに、自然体に演奏している先輩たち、またラテン音楽という新しい分野に惹かれ、入ることに!

サルサやサンバ、ボサノバ、POPSなど様々なジャンルの音楽を演奏します。

練習は週3で学校の授業が終わった18:00~21:00まで。

学校での練習は基本、合わせになるので、その他の時間で自主練してました。

楽譜がない曲もやるため、音源から落とす作業に時間を費やすことも少なくなかったです。

(サークルやバイトから帰って夜にやることが多かったです。)

ただ、OFF期間が多くて夏休みと秋~春までは活動がないので、その時期は優雅に過ごしてました!

③趣味

クラシックピアノと映画鑑賞

大学に入ってからも週1のクラシックピアノには通い続けています!

1~2年の時はほとんど練習時間が持てず、深夜に電子ピアノで練習なんてことも。

3~4年になってからはピアノに専念するために計画的に授業を減らしてたんで、

十分な練習時間を確保できました!演奏会にも年3~4回出てます。

映画にはまったのは2年生の冬になってからで、多いときは一日1本。

ちょうどサークルのOFF期間にひたすら見てました。

朝の5~6時に起きて一本見てから出かけることも!(笑)。

あと、授業の空きコマで見ることもしてました!

④アルバイト

東進で担任助手を4年間続けています!

週3~4ほど。色んな生徒にあって、話したり一緒に考え込んだりする中で、新しい発見だったり、刺激をもらって私の生活においてもプラスになっているので続けています!

担任助手=グループ面談だけじゃないんですよ!!(笑)。

見学にいらっしゃった高校生の方とお話したり、生徒がスムーズに授業を受けられるように管理したり、また活気づけるためのイベントを考えたり。

担任助手の仕事は幅広くあります。だから面白いです。

来年から社会人になりますが、基本的な事はすべて担任助手の仕事を通じて身についた自負してます!

 

いかがでしょうか。私の大学4年間をさらーっと振り返ってみました。

1年生の時は担任助手にサークルに授業にで1週間があっという間に終わってました。休みがなかったですね。(笑)。

2年生でだいたいの流れには慣れてきて余裕もでてきて、楽しめるようになった。

3年生で授業が一気に楽になったことで、やりたいことに手を伸ばせました。

また、就職活動の準備も余裕もってできました!

4年生では無事、就職先が決まって、のんびり過ごしながら、卒論を焦ってやり、残りの大学生活をどのようにして充実させようか考えています。

 

みなさんも想像してみてください。

きっと大学での4年間は内容が多くて、刺激的で充実していて、とにかくハードだと思います!(ハードにしてるのは私だけかもしれませんが。)

でも、大学生という状況のいいところは、制限が全くないということ!!

なんでも挑戦できます!ふざけたりもできます!

そんな時に、自分はどの環境を選ぶのか、どこで思いっきりの自分を出したいのか。

今一度こだわってみてください。

大学生活を送っている自分を想像しながら、目の前にある受験勉強に真摯に向き合ってくださいね!

千歳烏山校 山﨑