アウトプットの場をつくろう! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2014年 2月 17日 アウトプットの場をつくろう!

こんにちは、田邨です。

まだまだ雪が残っていますが雪に負けず頑張って行きましょう。

 

さて、突然ですがみなさん、勉強をしてどれだけその勉強を理解していますか?

「もう非の打ちどころがないくらい完璧に理解できてる!」「説明がわかりやすいからもう分かってる!」

そういう人はいると思います(^^)これはとても頼もしいと思います!

当然ですけど理解しているほうがいいですよね(^^)東進の先生はわかりやすく説明して下さるのでそういう人も多いのではないかと思います!

だけど、いざテストになると!・・・あれ?うまく答えられない(^^;)なんてことないですか?

多分ほとんどの人がこういったことを経験しているはずです。

俗にいう覚えたつもりになっている状態ですね(^^;)

これは僕もたくさん経験があります。さっきまで理解していたはずなのに、いざとなると頭でまとまってない、言葉でうまく説明できない・・・とてももどかしい状態ですよね(^^;)

こうなってしまう原因の大きな理由として、学校の授業が受動的になってしまうことにあります。

基本受け身、つまりインプットの授業ばっかりでは、自分の頭の中でインプットしたことを整理して口に出す機会、つまり、アウトプットの機会がないからこうなってしまうことは致し方ない部分もあります・・・

そこで是非やってほしいのが、アウトプットの機会を自分で作ることです!!

例えば友達にわからない所を説明してほしいといわれることってありますよね?

そこで自分なりにまとめて整理して、友達にわかりやすく伝える。これも立派なアウトプットだと思います!

もちろん、だれかに説明を聞いてもらうのも全然OK!

アウトプットをすることでより理解を深められると思います(^^)

みなさんもぜひ意識してみて下さいね!

担任助手 田邨隼人