質の高いリフレッシュをしよう! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 4月 17日 質の高いリフレッシュをしよう!

こんにちは。担任助手の菅野です。

 

4月に入って半分が経ちましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

新生活は楽しいものですが、同時に慣れるまで大変なのも事実ですよね…。

私自身、昨年は一度しか行けなかったキャンパスに

今年は週二回ペースで通うことになり、

早速、通学の大変さを思い知っています(笑)

皆さんも各々疲れが出てくる時期ではあると思いますが

受講のスピードは落とさずに頑張っていきましょう!!

 

さて、今回は私が受験生の時にやっていた

おススメのリフレッシュ法をお伝えしたいと思います。

 

突然ですが、勉強などに滅入ってしまったときに

気分転換をするというような話はよくありますよね。

勉強を一度止めて、リフレッシュをすることは

その後の勉強効率をあげるのに効果的です。

とはいいつつも、

休憩をする=貴重な勉強時間を割く

わけですから質のいいものにするべきだと思います。

 

では、質のよい気分転換をするためにはどうしたらいいのでしょうか??

 

私が考える良い気分転換の条件は

その時間中は完全に脳を休める

というものです。

そのために、自分の周りに影響を与える外的要因に勉強の要素が入っていないもの

つまり、勉強に関連づかないことを意識したリフレッシュ法を取ることが大切です。

話を具体的にするためにここからは

私が受験生の時に実際にやっていた気分転換法を紹介したいと思います。

 

①校舎でご飯をたべるときに人が少ない時間を選ぶ

人が増えてくる時間帯にスナックスペースにいると

どうしても勉強に関する話が耳に入ってきがちだったので

それを防ぐために時間をずらしてご飯をたべるようにしていました。

朝から夜まで校舎にいる日(土曜や長期休業中など)の15時あたりは

スナックスペースの密度が低いのでお勧めです!

 

②音頭や他国の音楽を聴く

私は好きなアーティストや流行りの音楽を聴くとそこに日常感を感じてしまい、

受験に対するいろいろな感情がぼんやり浮かんでくるということがありました。

そこで、音頭や他国の音楽を聴くことで現実逃避をするようにしていました。

用がなければ日常生活では聴く機会の少ない音楽は

勉強だらけの脳にとっての良いスパイスになりますよ!

私のイチ押しは定番ですが炭坑節 、東京音頭、花笠音頭

メキシコ民謡のLa Cucaracha です。

是非聴いてみてください!

 

いろいろ紹介しましたが、個人差の大きい部分ではあると思うので

皆さんも自分なりの最上質の気分転換法を探してみてください!

 

 

 

今日のブログは以上です。

次回は牧瀬先生です。お楽しみに!

 


ここからはお知らせです。

 

ただいま千歳烏山校では

東進1日体験を実施中です!

ぜひ気軽に1日で

東進生の学習を体験をしてみてください!

お申し込みは下のバナーから!