高1、2生の皆さんへ~宿題終わっていますか??~ | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

2013年 8月 19日 高1、2生の皆さんへ~宿題終わっていますか??~

”時間こそ最も賢明な相談相手である。”―ペリクレス

 

こんにちは。担任助手の遠藤です。

熱い中いかがお過ごしでしょうか?こんな熱い中でも朝5時~6時も間はとても涼しいです!

皆さんもこの時間帯に起きてみてはどうでしょうか?とても気持ちいいですよ^^

それはさておき、本日はおそらく多くの高1、2年生がまだ終わっていないであろう

夏休みの宿題

残り約2週間でどのように効率的に終わらせることが出来るかお伝えしますっ!!

今現在、皆さんはどのように宿題をやっているのでしょうか?

ただ単にその日その日で、こんぐらいやるかーと決めて、宿題をやっていませんか?

もしくは、やり始めて疲れたらやめる。なんてことをしていませんか?

宿題を残りの2週間で効率的に終わらせる方法。

それは、時間と宿題の分量と相談をすることです。

宿題というのは分量が決まっています。ということは、少しやってみれば、自分の能力で

どのくらいの時間でどのくらいの分量が終わるのかがわかります。

どのくらいの時間でどのくらいの分量が終わるのかを測るところから、1日時間を何時間かけるか等の

計画を立て、実行するところまでの手順を説明していきます。

ここでは、英語の宿題が20ページ分まだ終わっていないとしましょう。

①1ページ分を時間を図ってやってみる。→ここでは30分かかるとする

②残り日数が何日間あるか計算する。→14日間

③1日にやる分量を決める→最初の6日間は1時間英語、あとの8日間は30分英語

④これをやる計画を予定帳に何時からやるか書き込む

(予定帳じゃなくても形として残るもの、常に見るもの)だったら何でもよい。

以上の手順をすべての宿題が残っている教科に対して行います。

そうすると、自分が1日にどのくらい勉強をしなきゃいけないのかいつにやるのかというのを

把握できるので、自然とその時間帯に宿題をやるようになります。

そして、ただ単にだらだらやるのではなく、時間が区切られているので、

集中的にかつ効率的に宿題を終わらせることが出来ます!

ぜひぜひ、すぐにでも宿題を終わらせる計画を立てていこう!!