高速マスターは早期修得が重要!! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2015年 10月 11日 高速マスターは早期修得が重要!!

こんにちは!

担任助手1年の内山です!

私事ですが、3日前に

iphone5からiphone6Sに機種変更をしました!!

いえーーい!!

まだあまり使いこなせていないのですが

とにかく自慢しまくっています笑

さてさて

本題に戻ります。

今回のテーマは

高速基礎マスターはどうして早期修得しないといけないのか?

です。

私たち担任助手は常々

高速マスターいつまでに終わらせるの?

とか

このくらいのペースでやって早く終わらせようよ!

とか

皆さんに出来るだけ早く完全修得まで持って行くように

と、皆さんに言っています。

どうしてなの?

何でそんなにせかして来るの?

そう思う人もいるかと思います。

そんなの‘‘高速‘‘基礎マスターだからだよ。

と言ってしまえば話は早いのですが、

そういっても何の説得力もないので

どうしてなのかをお話します。

簡潔に理由をいうと

ダラダラやっていても覚えられないからです!!

皆さんエビングハウスの忘却曲線と言うものを一度は聞いたことがあると思います。

 出典www.nextglobaljungle.com

エビングハウスの忘却曲線によると

20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後には74%を忘却し、

1週間後(7日間後)には77%を忘却し、1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却してしまいます。

ダラダラ進めていたらほとんど覚えることが出来ません。

なのでぎゅっと短い期間で終わらせるほうが効率も記憶力的にもいいのです!

そして

暗記には復習が必要不可欠です。

復習の方法としてオススメなのは

1、1回目の勉強

2、1の翌日に1回目の復習

3、2の1週間後に2回目の復習

4、3の2週間後に3回目の復習

5、4の1ヶ月後に4回目の復習

このように復習間隔を次第に広げて復習していく方法です。

ただ勉強する内容によって復習の間隔や回数は臨機応変にかえる必要があリます。

なので自分が必要と思えば間隔を変えたり回数を増やしていったりして

短期間で効率よく確実に暗記していってください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓全国統一高校生テストの詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

 

  http://www.toshin.com/toitsutest/