過去問演習講座 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 9月 9日 過去問演習講座

こんにちは!

またまた担任助手の牧野です。

今日は昨日の予告通り過去問演習講座について紹介させていただきます。

昨日のブログでも紹介させていただいたのですが、この講座は過去問10年分を実施する講座です。

しかしただ実施するだけでなくプロによる採点または添削が受けられ

さらに東進の講師による解説授業が受けられるというものです。

そしてこの講座を活用していくにあたって大切なのがスケジュール管理です。

特に国公立受験者に当てはまることなのですが、とにかく時間がかかる講座です

例えば東京大学の場合

問題を解く時間

一年分8時間40分×10年分 86時間40分

解説授業と復習にかかる時間

一年分約10時間×10年分 約100時間

再提出にかかる時間(国公立のみ)

一年分8時間40分×10年分 86時間40分

再添削の復習にかかる時間(国公立のみ)

一年分約4時間×10年分 約40時間

総計 約313時間20分です。

これ以上時間がかかる大学はないのですが私立の人併願校の過去問があると思います。

なのであらかじめどのくらいの時間がかかるのか想定して計画を立てることが重要になってきます

そのために校舎では過去問チェックシートというものを書いてもらっていますので9/10提出しましょう!

ここからは蛇足ですが過去問演習講座のひそかな楽しみとして

講師がどんどん若返っていく

という現象がみられます。

わたしの志望校の現国の解説をしてくれていたのは林先生だったのですが、9年前の林先生はやはり若く、さらに5年くらい前は茶髪だったりしました(笑)

こんな感じの過去問演習講座です。イメージはつかめたでしょうか?

なにかわからないことがあればどんどん聞いてくださいね☆

では、失礼します。