過去問を解く目的とは? | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2020年 9月 10日 過去問を解く目的とは?

こんにちは!!

担任助手の寺村です!!

 

 

最近も八月と変わらない毎日を過ごせていますか?

良い習慣を大事にしてコツコツ努力していきましょう!

 

暑い日が続きますが体調管理はもちろん、

精神的にも安定させられるとこれからの時期はいいと思います!病は気からとも言いますよね!

 

                 

今回も引き続き、過去問を解く重要さについて書こうと思います。

 

過去問解くことで学力を伸ばすというよりは、合格の必勝法のようなものだと考えています。

なので、過去問を解くのははある程度基礎ができてからやると効果が高いです。

 

八月も終わり基礎が固まってきた頃で、過去問演習に取り組んでいる人も多いと思います。

たとえ今の時点で点数が達していなくても、たくさん過去問を解くことで自分の行きたい大学の出題形式・傾向を捉えて時間配分を決めることができればいいと思います。

志望校に受かる可能性を上げるためしっかりとした作戦を立てることをゴールと考えてみてください。

 

 

またあまりにもできていないようであれば、テキストに戻ることも忘れないでください。基礎をやり直す時間を省き次年度の過去問を解いて前に進みたい気持ちになるかもしれません。

しかし、サッとでいいので振り返りをしてから解く方が傾向時間配分など過去問から得るべき志望校対策ができるので同じ一年分でも収穫が多いはずです。

 

過去問に取り組む目的を見失わずにこれからも頑張っていきましょう!!

 

 

次回は菅野先生です!お楽しみに!!

 

———————————————————————————————————————————————————————-

ここからはお知らせです

ただいま千歳烏山校では

東進1日体験をしています。

「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」

そんな方はいませんか?

東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!

ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!