記述模試の復習法~数学編③~ | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 6月 16日 記述模試の復習法~数学編③~

こんにちは!担任助手の板東です。

暑い日が増えるとともに、共通テストの過去問演習も本格的に始まって本番を意識して勉強することがふえてきました。

 

さて今回は記述模試の復習法~数学編~

ということで、私が受験生のときに意識していたことを話したいと思います。時間の経過とともにやっていたことについて紹介していきます。

①解答の確認

まず摸試の終わったその日に解答を確認します。

ここで確認するものは自分ができたと自信のあるもの・公式が分からなくて解けなかったものなどを確認します。

その日に確認することで自分の解答の記憶が鮮明なので効果的だと思います。

②解き直し

摸試が終わってから1~3日以内にときなおします。

もう少し時間があれば解けそうだったもの・解答は間違っていたが別の方法で正解にたどり着けそうなもの・公式を忘れてしまって先に進めなかったもの

を時間をはかって解きなおします。解答を見ないで自分の力でもう一度解いてみる事で、思考力や試験本番で複数の方法で正解を導きだす力が身についたように思います。

 

③解答・解説を熟読する

摸試が終わってから1~3日以内に解説または解説授業を受けます。

記述模試の解説は丁寧に書いてあることが多いです。そこをしっかり読むことで新たな発見や知識を身につけることができると思います。摸試の直しノートを作って解説に書いてあることを自分の言葉に直して自分のノートに書くことで頭が整理されます。

④類題を解く

摸試が終わってから1ヶ月程度で行いましょう。

前にも述べましたが、摸試は今後の学習方針を決める指針となります。摸試で覚えていなかった公式を使いこなせるように演習問題に取り組んだり、出来が悪かった分野の青チャートやFOCUS GOLD を解きましょう。

 

今回のブログはここまでです。次回の担当は細川先生です!お楽しみに!!

 

 


 

 

 

 

ここからはお知らせです。

ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!

また,ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では高2生・高1生・高0生(東進生でない方)を対象として「夏期特別招待講習」のお申し込みを受け付けております。

夏期特別招待講習では、6/1(火)~7/14(水)の間にお申し込みされた方は東進の授業を4講座無料で受講することができます!

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

お申し込みお待ちしております!詳しくはこちらから!