英語の重要性 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 10月 4日 英語の重要性

こんにちは、田邨です。

今日は最近自分が感じることを踏まえつつ英語について少々・・・

先日、大学の授業である人がこんなことをいっていました。

「英語は確かに必要だけど、10年後になったら今ほど必要ないんじゃないかなー、だって今頃自動翻訳の技術も上がってきてるもんね、10年後なんてもっと自動的に翻訳できるようになってるよ!」

なるほど、確かに! 僕はそう思いました。

100年が10年ですぎるなんて言われてる時代ですから、そりゃ技術の進歩ももっと早くなるだろうし、今ほど英語を話せなくても苦労はしないかーなんて思ったりもしました。

まったく間違ってない意見だと思います。

けど、会話ってのは、人間同士がやるから面白いんだと思うんです。

英語が話せないから、機械に頼って翻訳してもらう。それで通じるは通じると思うんですけど、なんか味気ない気しませんか?

自分で英語を話してそれで自分で相手に理解してもらう、それが楽しいし大切なんだと思います。結局人の心を動かせるのは人だけでしょうし。

で、最近校舎をみてて思うのが、英語を受験科目としてしか考えてない人がまだ多いのかなってことです。

東進では今東進ビジネススクールの仮申し込み期間に入っています。ビジネススクールは大学生の東進ハイスクールのようなもので、主にTOEIC等の勉強ができます。仮申し込みに登録しておけば後々大学生になってもしビジネススクールに入るとなったとき、普通より安くすみます!

なにより英語の力を伸ばすのにはこれ以上ない教材がそれっています。受講者として僕もおすすめします!

でも、生徒のみんなに聞いても「自分は将来英語使わないよ!」「今受験で精一杯で将来のことなんて・・・」

て感じなんです。

将来のことなんてわかりませんよ(^^;)。もし将来急に英語使うことになってその時の話せない自分に後悔してしまうかもしれませんよ?

英語が話せないから自分の力が出せない、認めてもらえないなんてちょっとさびしいですよね。

受験で精いっぱいなのはわかります。自信もなかなか付きづらい時期に入ってると思います。

けどその受験勉強って将来のためにしてるんですよね?

だったらもっと先を見据えてもいいと思うんですよ(^^)

もっと自分に自信を持ってもいいと思いますよ(^^d)

まあ長々と書いちゃいましたが何が言いたいかというと

英語はただ単に受験科目じゃなくて、それ以上に自分にプラスに働いてくれるものだと思うんですよ(^^)

半年後には受験生はもう大学生です、半年後には英語を使いたいと思っている自分がいるかもしれません。

先のことを想定して生活してくださいね!

結構僕の考えを言っちゃいましたが・・・笑

仮申し込みはPOSから登録できます。

みなさんがこれを読んですこしでも先を見据えて生活してくれるとうれしいですんね(^^)