答案作成のコツ―数学 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 11月 15日 答案作成のコツ―数学

皆さんこんにちは^^

担任助手の床爪です。

本日は、昨日に引き続き、答案作成のコツ、数学編についてです

内容はすべて東進タイムズ11号を参考にしています。

 

それでは、、早速答案作成のコツについて!!

まず、これはどの教科にも共通だと思いますが、ず答案を仕上げて提出する

そして1回で終わらせるのではなく、2回、3回と提出することが大事です!

もちろん添削指導はしてくれますが、ただやり方を学ぶだけでは意味がありません。

「自分の解き方と正しい解き方のギャップを発見する」ことが大事です。

なので必ず答案は時間がかかってでも、仕上げて提出しましょう!!

また、繰り返し解くということはとても大事です。

よく2回目3回目は答えを覚えているからやる意味がないと言う生徒がいますが、過去問を繰り返し解く意味ってなんでしょう?

過去問を解く目的は、点数を取ることではなく、「解き方をマスターすること」です。

だって、同じ問題が入試に出ることはまずないので、一つの過去問で何点取れたかはそこまで気にする必要はありません。

それよりもこだわるべきは、「各大学の入試に応じた正しい解き方をマスターすること」です。

結局これを習得できなければ、同じ形式の問題が出てきたときに、正解を導くことができません。。

だから第一志望は10年分×3回やること、

答案練習講座は2回以上提出するように!!

と、私たちが言うわけですね^^

さて、数学の答案作成のコツですが、

やはり図やグラフを効果的に使うことです!

採点者が読みやすい答案を作るためには、これはとても大事です。

そして記述のポイントを押さえること。記述問題では、押さえるべきポイントを中心に配点されています。

なので、しっかり解説や問題傾向を読み、「何がポイントなのか」をしっかり理解しましょう☆

 

答案作成のコツは、すべて東進タイムズ11号に掲載されています。

ぜひご覧ください。