私はこうしてた!~英語が苦手な人必見!!~ | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2014年 5月 16日 私はこうしてた!~英語が苦手な人必見!!~

こんにちはー!!
 
呼ばれて飛び出て、担任助手の宇野です! 😆
 
今早稲田大学に通っています!
 
僕は受験生の時、英語の点数が安定していなかったので、夏休みに模試の復習方法や勉強方法を徹底的に研究しました!
 
村上さん、西田さんが復習方法の外観を説明してくれているので……
 
 
具体的に英語の復習方法を見ていこうと思います! 😛
 
 
これはあくまで僕が使っていた例なので、必ずしもマネしろというわけではありません!
 
受験生のみなさんなりに、アレンジを加えるのも良いと思います! 😉
 
 
それでは…まず!
 
 
~アクセント~
これは努力が一番報われにくい項目なので、間違えてもそんなにショック受けないで、次に行きましょう。
対策としては、アクセントの規則性を覚えると早いので、東進の夏合宿組がやってたアクセントの規則性を覚えると完璧です! 😛
 
 
 
~第問2(文法問題)~
基本的に語法の形は、暗記モノです!!汗
だから暗記するしかない。。。
そういうのの対策は高速暗記等で覚えていくのですが、模試の復習では、違うことをやります!!
ということで『一度出た問題は絶対に二度と間違えない』ということを意識してください。
 
 
そこで、間違いノートを作りましょう!(秘密アイテム☆)
 
 
「間違いノート」は昨日のブログで西田さんも重要だと言っていましたね。
 
どんな感じにまとめるのかというと……
 
たとえばkeep up with
 
問題ではkeep (   ) withと出題されているとしたら、
ノートの左にkeep (  ) withと出題されている問題を書き、右に、答えupと意味を書きます!
 
あとは、その単語について8語ぐらいの例文があるとなお良し!
 
これを間違えたとこだけじゃなくて全部やる!
 
あと、問題に関係ない選択肢もなぜ違うかをチェックすると良いです。
 
なんとなくで理解してるだけで本質的に理解してないと本番で痛い目みますからがんばってください! 😥
 
 
 
~第問3から第問6(長文)~
長文の対策としては、とりあえず、文を読みます。読まないと始まらないです。
 
これを、1文ずつやっていきます。
 
この時期は文の構造(主語とか述語など)を意識すること!
 
そして、読み終わったら、分からない単語や熟語書き出します!
間違いノートに書き出します。そして、訳と照らし合わせながらやります。自分で完璧に理解できたと思ったら次に進みます!
 
 
そして、英語が苦手な人は、「文の構造なんて、自分でなんて分からないよ!!」となってしまうかもしれませんね 😥
 
そういった場合は、解説授業を受けましょう!!
 
 
そして、問題の答えの根拠を捜すということを忘れてはいけません!!
 
これが一番大事です!
 
 
「ここにこういう文章があったから答えが絶対これなんだ」
 
「間違えの選択肢もなんで違うのか」
 
を意識して長文を読み込みましょう!!
 
 
 
…というわけで、
 
みなさん英語の復習法、お役に立てましたでしょうか!? 🙂
 
 
長くなりましたが、自分の復習法など確立してしていくといいと思います!
 
 
 
PS:国語の評論は、100字要約をすると効果的ですよ!!(おまけ)
 
 
 
部活生招待講習やってます↓