私の夏の過ごし方(日戸編) | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2015年 7月 3日 私の夏の過ごし方(日戸編)

こんにちは、日戸です。

最近は天気の悪い日が続きますね。

秋が待ち遠しいです。

 

さて今回のテーマは「私の夏の過ごし方」ということで

私が受験生のときに夏はどんな勉強していたかをお話します。

 

まず6月のセンター模試で物理・化学にまだ穴があるということで受講の総復習、問題集の解きなおしを行いました。

また6月に受けた東大模試の結果から英語は要約、文法問題、長文が苦手で、数学は難問に対してはまだ歯が立たない、国語は古典でまだ文法が固まりきっていない、ということが分かりました。

そこで要約、文法は問題集を用意し、また英語の受講を進めていきました。

 数学は苦手なところは比較的簡単な問題集と受け終わった授業の問題を解いて、また解き終わった範囲とすでにある程度できた範囲についてはより難易度の高い問題集を解いていきました。

古典も文法書、単語帳を完璧に覚えられるようにしていきました。

それに加えてセンター対策を行ったという感じです。

夏休みを通して概ね達成できたかと思いますが、ただ適当に勉強して言っただけでは終わらなかったでしょう

 

ではなぜ終えることが出来たかというと、しっかりと実行できる計画を立てていたからです

夏休みは非常に長いので無計画で勉強していっても成績が伸びることはないでしょう。

ですのできっちりと予定を作るのが大切です。

私はどうやっていたかというと、まず夏休み中にこれだけは絶対にやりたいという目標を立てていきます。

次に1週間スパンでどれだけ進めていけば終えられるかを計算して週ごとの目標を立てていきます。

このとき日ごとでもいいとは思いますが、週ごとのほうがもし終わらなかったときに修正がしやすいと思うので週ごとのほうが個人的にはオススメです。

そして1日が終わったらその日にどれだけ出来たか、目標が達成できたか、というのを振り返って週の目標達成までどれくらいかを計算します。

これを毎日繰り返していきます。

 

私が思うに、夏休みは明確な目標を立てること、それをこまめに確認することが絶対に求められます。

夏休み開始までもう日がないので今のうちから夏に自分が何をやりたいか、熟考するようにしてください。