現役生VS浪人生 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2015年 9月 13日 現役生VS浪人生

こんにちは。担任助手の金です。

本日は現役生VS浪人生というタイトルで話したいと思います。

ご存知の方もいるかと思いますが、僕は高3のときこの千歳烏山校で受験勉強をし

もう1年東進の新宿本科校で浪人しました。

 

みなさんが浪人生に対してどのような認識をしているのかは

あまり分かりませんが、多くの浪人生は今この瞬間も必死こいて勉強しています。

 

例えば僕の場合を例に出すと、

高3の7月から東進で授業を受け始め、

学校が通常通りある日は1時間目の始まる1時間前から教室で自習をして

休み時間や昼休みなども自習をしていました。

そして学校が終わると東進に直行して閉館まで受講する。

夏休みなどの長期休暇中は開館から閉館までほぼ毎日東進で勉強していました。

そんな毎日をすごして始めての受験を迎えました。

結果は自分でも分かっていましたが、全落ちでした。

理由も明確に分かっていました。だからこそ

もう1年努力してその原因をつぶすことが出来れば

絶対に第1志望の大学に入学することが出来ると思ったので、

もう1年大学受験のために費やすことを決めました。

 

そして浪人中は、学校などないので、ほぼ毎日朝の9時から

夜の8時頃(時期によって開館時刻や閉館時刻がかわるので・・・)まで

勉強していました。

 

今振り返っても自分で驚くぐらい努力してやっとこさ第1志望の大学に合格することができました。

 

浪人している人全員がここまで努力しているわけではありませんが、

高3生の皆さんは、1度受験を経験し、苦い思いをし、その無念を晴らそうと

死ぬ気で努力してきた人たちと同じ問題を解き、同じ土俵で合否を決められます。

 

そのような状況で皆さんは自信を持って浪人生に勝てると言い切れますか?

浪人生は今では減ってきていますが、それでも難関校では4,5割に達する大学だってあります。

 

だからこそそういう浪人生とも戦わなければならないと言うことをたまにでも考えてみて下さい。

 

また、今このブログを見ている高2生の方!

大チャンスです!

言うてみれば僕の高3は皆さんの高2です。

僕の浪人時がみなさんの高3です。

つまり、今は到底届かないと思っているような大学にだって

今から頑張れば絶対に届きます。

先ほども言ったように僕の現役時の受験結果は全落ちでしたが、

浪人時は、第一志望校のレベルを上げ、かつ全ての大学に受かることが出来ました。

 

これは僕がもともと頭がよかったとかではありません。

高校も頭のよい学校だったというわけでもありません。

皆さんでも出来ることなのです。

あの林先生も受験にフライングは無い!とおっしゃっていました。

今高1,2生の皆さんも今すぐに僕とこの千歳烏山校で受験勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 

最後に受験生のみなさん、

自分に負けることなく

残りの時間人生の中ではほんの一瞬です。

無駄にすることなく、後悔することなく、過ごしていきましょう。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓宗先生の授業動画です!!↓↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=qDycNu5HGgo#t=40

 

↓↓↓↓↓↓↓↓全国統一高校生テストの詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://www.toshin.com/toitsutest/