東大生の日常 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2015年 5月 21日 東大生の日常

こんにちは、担任助手の日戸です。

最近暑いですね。秋が待ち遠しいです。

 

そんなわけで今回は私の通っている東京大学についてです。

駒場と本郷2つのキャンパスがあるんですが、今回は駒場キャンパスについて書きたいと思います。

 

東大生は1,2年のときは教養学部に所属し、駒場で2年間過ごします。

駒場キャンパスといえば銀杏並木駒場祭ですかね。

秋ごろになると銀杏がとてもきれいです。

また駒場祭は同じ頃に行われる文化祭で毎年にぎわっています。

今年の秋にはぜひ駒場に来てください。

 

そんな東大生ですが普段どんなことをしているかといえば、

まぁ学生なので勉強に明け暮れていたりいなかったりします。

東大生はみんなまじめだと思っている人もいるかもしれませんが、

いかにも東大生という人もいれば、はっちゃけている人、バイトや部活に命を掛けている人、

いろんな人がいます。他の大学と違いはないと思いますね。

今年から授業が1限105分(高校の授業の倍以上!)になりひーひー言ってます。

今年度以降の1年生は大変ですね~。

授業はどれも面白いものばかりですばらしいです。

お昼の時間帯は学食が鬼のように混んでます。席の確保が大変ですね。

値段はお手ごろなので財布に優しいです。

 

とこんな感じです。

東大の環境はとても居心地がよくいいところなので

ぜひ目指して欲しいです。