東大受験の知識 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2016年 3月 4日 東大受験の知識

 

こんにちは、担任助手の日戸です。

3月に入りましたが寒い日が続きますね。

 

ということで今回は「東大受験」についてです。

東京大学って有名だけど入るためにはどうすればいいんだろう?

という人の助けになればなと思います。

 

まず東京大学の大きな特徴としては入学した時はまだ学部に分かれていない、ということがあります。

大学2年生の時に自分が何を専攻するのかが決定します。これが理由で東大を目指す人も多いかと思います。

しかし、入学すれば好きな学部を自由に選べるというわけではなく、「科類」によって制限されます。

例えば、文科一類だったら法学部、理科三類だったら医学部、というように科類ごとに入りやすい学部、入りにくい学部が分かれます(入学後頑張れば理転、文転することも可能ではあります)。

入学試験では科類ごとに定員が決まっていて、文系、理系がそれぞれ同じ問題を解くことになります。

 

入試科目は英数国が共通で、文系は社会2科目、理系は理科2科目を選択することになりますので4教科5科目。

さらに、国公立なのでセンター試験の受験が必要で、文系は理科基礎2科目、理系は地歴公民1科目がプラスされます。

ということで受験科目が非常に多いです。

またセンター試験では選択、二次試験では記述と、様々な出題方式に対応できる力が求められます。

 

 \(^o^)/

 

これだけの科目を対策するためにはかなりの時間が必要になります。

高3から受験勉強を始めたんじゃ間に合いそうにはないですよね。

ということはどうすればいいのか?

 

早期に受験勉強をスタートすればいいんです!

 

特にこの春から中学3年生、高校1年生になる人は今がチャンスです。

東大志望の人で高2から受験勉強を始める人は結構多いんですよね。

そう考えると、高2から始めてもあまり有利とはいえないかもしれません。

 

ということは中3、高1から開始すればその人たちをリードすることができます!

本気で難関大学に合格したい!と思っているのならこの春からスタートを切ってくださいね!

—————————————-お知らせ—————————————-