学習アドバイス-日本史 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 12月 31日 学習アドバイス-日本史

こんにちは、田邨です。

今回も学習アドバイスを紹介したいと思います。

今回は日本史の野島先生のアドバイスですが、一味違ったアドバイスとなっていますよ(^^)

 

 

受験生の皆さん。

少しずつ少しずつ勝負の時が迫ってきました。緊張するよね。

ただしばしば,この時期には,妙に生暖かい風が強まることもあります。「現実的に考えてさ」とか「ここなら確実だよ」といった,“善意のふりをした悪魔”のささやきに決して身をゆだねてはいけません。その瞬間に勝負は終わってしまうからです。

もう少しわかりやすくいうと,実力がもっとも向上していく直前期になって安住の地を求めたら,当たり前のことだけれど,その受験生の力は相対的かつ急激に低下していくだけなのです。

いうまでもなく,人間は厳しい環境に長くは適応できない動物です。でも,1〜2カ月程度なら耐えられる。“善意のふりをした悪魔”に,「また一人落伍したな」と冷笑されてはいけません。強い気持ちで一心不乱に勉強してください

【数分しかないロスタイム】

それでもやっぱり弱気になってしまったら,どうすればいい?

確かに勝負の世界とは最後まで何が起こるかわからないところで,もしかすると,花と散ることもあるかもしれない。

でも,たとえわずかに及ばなくても少しも恥ずかしいことじゃないし,奮闘の精神も身に着けた学力も必ず役に立ちます。そして何より,見事な逆転劇は,チャレンジングな受験生にしか演じることができないものです。

この特権を放棄するのは,数分しかないロスタイムに全員がボールを追わなくなったヘタレサッカーチームと同じ。10代後半という時期に受験の世界を選択した意味がなくなってしまいます。

 

 

けっこう心にぐさっと突き刺さった人もいるのではないでしょうか?

これは今まで数々の受験生を指導してきた野島先生だからこそいえることではないでしょうか?

自分に言い聞かせてみてくださいね(^^)

担任助手 田邨隼人