学習アドバイス 英語! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2014年 1月 9日 学習アドバイス 英語!

みなさんこんにちは、田邨です。

今日は1月の東進タイムズに掲載された記事から、英語の渡辺先生からのアドバイスを紹介したいと思います。

 

いよいよセンター試験まで残りあとわずか。皆さん、どのような心境でしょう? 中には、過去(今までもっと勉強しておけばよかった) や、未来( このままでは入試本番に間に合わない)を憂いている人もいるかもしれません。しかし、この時期、最も大切なことは、過去も未来も断ち切って「今日」だけに全力を尽くし、一日一日を積み重ねていくことです。

今日という日に全力を尽くし、センター試験当日まで得点を伸ばすカギは、「苦手な大問の克服」と、「適正な時間配分」にあります。苦手大問克服のためにすべきことは、これまで受講してきた講座や過去に受けた模試、数年分の過去問の苦手大問部分を徹底復習することです。苦手な分野を何度も繰り返していく中で、むしろ得点源となった受験生をこれまで多数見てきました。弱点こそ飛躍の源なのです

次に、適正な時間配分のためにすべきことは、2つ。まず1つ目は、大問2のような、「選択、整序」といった文法問題は、問題を見た瞬間に答えが浮かぶ「瞬解」レベルになるまで問題集や過去問の反復練習をし、自分で設定した時間内に確実に解ききる感覚を体に覚えこませることです。次に2つ目は、時間配分にミスがないか全大問について再度確認すること。試験時間を本番同様の80分ではなく70.75分と短く設定し、どの大問から解き始めるのが自分の勝ちパターンなのか最終決断を下し、大問ごとに自分に適した時間配分を確定しよう。

直前の切羽詰まった時期だからこそ、集中力は最も高まっています。「今さら……?」と思うかもしれませんが、違います。「今だから」こそできることがたくさんあるのです。センター当日の『自己新記録』、そして皆さんの第一志望校合格、心から願っています。

 

まだあきらめるのは早いです!おそらく不安なのはみんな同じ、そこから自分を奮い立たすことができるかどうかで大きく変わってきます!今一瞬を大切にしてくださいね(^^)

担任助手 田邨隼人