大学生の時間割(国立理系) | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2016年 2月 21日 大学生の時間割(国立理系)

こんにちは、担任助手の日戸です。

この世から花粉という存在が悉く消滅することを心から願っております。

 

今回は農学部の私の9月から12月にかけての時間割を紹介します。

授業で扱うのは主に化学・生物に関するもので、今の時期は座学がメインです。

高校の時に生物を取ってなかったので最初は困惑するところもあったりしましたが意外と面白くて驚きました。

 

生物化学、有機化学、分析化学、微生物学などこれからさらに深く学んでいく分野の基礎的なものが必修としてあります。

選択で取ることが出来る授業では、昆虫や食の安全、放射線など、自分に興味のある事に関して農学部的な観点から学ぶことが出来ます。

そしてなにより、煩わしかった英語や数学などの授業からは解放されました!

学年が進んでいくとより専門的な、つまり自分が興味を持っているような分野についてばかり学べるようになるのがいいですね。

月曜から金曜日まで平均して一日3、4コマ授業があり、火曜日だけお休みという感じでした。

 

学部によって受けられる授業が大きく変わってくるので、受験が終わった受験生、これから志望校を決める高校1,2年生はしっかりと選んで決めて下さい!