基礎を身に付けるために、わたし宇野達朗がやっていた勉強法!〜日本史〜 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2014年 5月 2日 基礎を身に付けるために、わたし宇野達朗がやっていた勉強法!〜日本史〜

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

担任助手の宇野達朗ですっ!

 

 

 

今回のテーマは基礎をみにつけるための勉強ということで

 

 

 

 

 

日本史の基礎について

 

 

 

お話します

 

 

 

 

 

英語や国語の基礎の話は

 

 

 

ほかの人が紹介してくれると信じます。(-_-)

 

 

 

さてさて

 

 

 

とりあえず日本史を初めて学習されるほとんどの方は

 

 

 

 

 

教科書を読むのではないか、

 

 

 

と、思います。

 

 

 

まず最初のほうにあるのは

 

 

 

縄文時代~弥生時代

 

 

 

らへんですよね?

 

 

 

 

 

日本史を始めようとモチベーションがMAXな状態だと、

 

 

 

全部覚えようと

 

 

 

がんばってしまいませんか?

 

 

 

そうやってすべてを暗記しようとして

 

 

 

2ページで挫折

 

 

 

 

 

こんな経験をされている方は多いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

僕はこの状態のまま突き進み

 

 

 

縄文時代だけ強い

 

 

 

こんな受験生になってしまいました

 

 

 

もはや細かすぎて試験に出ない

 

 

 

そんな領域も突破してました

 

 

 

 

 

これは明らかに間違っている勉強法です

 

 

 

 

 

基礎を超えてしまっています

 

 

 

 

 

日本史を最初に始めるにあたって

 

 

 

一番意識しなければならないのは

 

 

 

流れ

 

 

 

です

 

 

 

細かい地名や人などは

 

 

 

最初はスルーです

 

 

 

とにかく

 

 

 

◉◉が起きたから次には△△がおきて

 

その流れで□□だなー…

 

 

 

 

 

と、ずばずばと暗唱できる

 

 

 

これが基礎の完成です

 

 

 

まあこの流れを掴むのが決行つらいのですが…

 

 

 

そこはがんばるところです!

 

 

 

これさえ掴んでしまえば

 

 

 

細かいところはスルスル入ってきます。

 

 

 

 

 

例えるなら

 

 

 

 

 

日本史の流れ

 

 

 

これが下駄箱です

 

 

 

細かい年号や人の名前

 

 

 

これらが散らばった靴です

 

 

 

 

 

ちらばった靴を収納する下駄箱がないと

 

 

 

ごちゃごちゃして不便ですよね?

 

 

 

でも、下駄箱があれば

 

 

 

自分の探している靴を簡単にみつけられることができます。

 

 

 

 

 

頑丈な下駄箱

 

 

 

そう、それこそが基礎なのです!

 

 

 

でも自分では

 

 

 

なにが重要で、流れを掴むうえで重要か

 

 

 

なにが細かすぎるものか

 

 

 

 

 

それもわからないというのが痛いところです

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

そのような心配も

 

 

 

 

 

日本史一問一答

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これさえあれば大丈夫です!

 

 

 

 

 

これはすごいんです

 

 

 

なにがすごいって?

 

 

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

重要度が☆の数で表されているのです

 

 

 

☆が3個なら、かなり重要

 

かならず押さえなければならないところ

 

 

 

☆が2個なら

 

普通に重要

 

 

 

☆が1個

 

これが細かいところです。ちらばった靴です。

 

今はスルーしましょう

 

 

 

☆無し

 

これは本番直前まで手をつけないほうが良いのでは?

 

と、思うくらいこまかいです。

 

 

 

とにかく

 

 

 

流れ!

 

です!