国語答案作成三ヵ条 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 11月 16日 国語答案作成三ヵ条

こんにちは

担任助手の牧野です。

今日はTOSHIN  TIMES11月号からの抜粋で国語の答案作成のコツを紹介していきたいと思います。

高校3年生は記述が増えていく時期ですが

記述問題はただ書くのではダメなんです。

国語答案作成のコツ

①読み手に自分の考えを伝えることを意識する。

現代文はたとえ正解が分かっていても

自分の答案=考えを相手にうまく伝えることができなければ、

意味がありません。

もしあなたの答案が

日本語がおかしい

誤字脱字がある

字が読めないぐらい汚い

これらの一つでも満たしていたらピンチ!!

今すぐ改善しましょう。減点されちゃいます。。。

②問題をよく読もう

みなさん問題文きちんと読めてますか??

もしかして問題の趣旨から外れたこと書いてませんか??

出題者の意図を読んで答えさせたいことを答えましょう。

③基礎知識は完璧に

基礎知識、記述答案にとってこれほど大切なものはありません。

古文単語の訳しかた、漢文の句法など

記述答案はこうした基礎知識の集合体です。

なので少しでもあいまいな部分があるとそれは減点を招きます。

なので完璧な基礎知識を身につけましょう。

 

記述答案はごまかしのきかかないあなたの実力がモロに出るものなのでしっかり書きましょう!!