受験の1割は春休み | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 22日 受験の1割は春休み

こんにちは!千歳烏山校担任助手の猪股です。最近は花粉がすごいですね、、体調に気を付けながら勉強に勤しんできましょう!!

本日は春休みがいかに大切で、どのように過ごしていけばよいかを話していきたいと思います。グループミーティング内でもパワーポイントを用いた説明があったかと思いますが、春休みの勉強可能時間は想像以上です。学校や部活のない1日は約15時間ほど勉強時間を確保することができます。それを2週間以上続けることのできる春休みは受験生における1割の勉強時間を占めるといわれています。また、この時期は頑張って勉強できる生徒と、そうではない生徒が大きく分かれていくため、想像以上に差が付きやすい期間となっています。

続いて、そのような春休み期間をどのように過ごしていけばいいかについて話していきたいと思います。

①毎日登校し、最大限の勉強量を確保すること

これについては常日頃から言われていると思います。しかし改めて新学年になる今、もう一度自分ができているのか見直してみましょう。春休みに毎日登校することは、受験の天王山ともいわれる夏休みの練習期間とも解釈することができます。今後のためにも、また今の自分のためにも毎日登校し、最大限の勉強量を確保しましょう。

②主要科目における基礎を完璧にすること

こちらについても説明会等でよく言われていることだと思います。基礎を完璧にするという定義が少しあいまいであるため、もう一度考えていきましょう。例えば、英語であれば、英語の単語帳、熟語帳を一冊完全に覚えているレベルで、文法の参考書を一冊わからないところがないレベルまで仕上げ、基本的な構文等を理解しているという状態です。国語であれば、評論、小説ともに、自分の中で客観的に解くことができる解き方を持っていること、基本語彙を習得し、古文単語、文法書を一冊完璧にしている状態のことを指します。自分の状況をもう一度見直し、分析して、この春休み期間で基礎を完璧にしましょう。そして3年生になった段階で本格的に演習に入れるといいですね。

以上になります。勉強頑張りましょう!次の担当は板倉先生です!お楽しみに~~


ここからはお知らせです。

ただいま東進ハイスクール千歳烏山校では、新高3生・新高2生・新高1生・高0生(東進生でない方)を対象として、新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております。

受講期間1月17日(月)~4月10日(日)となっており、春休みを待たずに受講する事ができます!

お申込日によって無料で受講できる講座数が異なります。(1講座は、90分授業×5回+講座修了判定テストほか。)

~3月27日(日) 1講座+高速マスター 無料招待

東進ハイスクールでは一人ひとりに合わせた学習システムを提供しているので、この機会に是非体験してみてください!

新高3生はこちらから

新高2生はこちらから

中高一貫校に通う新高1生はこちらから

高校受験を終えた新高1生はこちらから