勉強は短時間で区切るべし! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

校舎からのお知らせ

2013年 6月 23日 勉強は短時間で区切るべし!

突然ですが、質問です!

①「今から1時間あげます、英単語100個全部記憶してください」

②「今から1分あげます。英単語2個だけ記憶してください」

みなさんは、どちらの方が覚えられそうですか?

 

想像してみてください…

①だと、時計の長針がぐるりと一周するまでに100個…

なんだか量としては多いけど、1時間あれば何とかなるような気もする…

一方②だと、1分なんてあっという間だ。

でも覚える英単語は2つだけでいい。1つにつき30秒かけられる。

それに、1分で覚えるとなればかなり真剣にやるだろう…。

なんだか②の方がお手軽に、しかもしっかりと、覚えられそうですよね。

 

そのうえ、1時間あたりの記憶量だと、

②の方が120>100で勝っています

 

おそらく皆さんは、1分という時間に対して

かなり短いというイメージをお持ちなのかもしれません。

確かに、短く感じるのも無理はありません。

メールを打っていれば2~3分はあっという間に過ぎているし、

カップラーメンでさえ一般的には「即」席ラーメンといわれるほど

時間がかからないという認識をされています。

 

ですが、一度心を落ち着けて、目を瞑って、

1分という時間を体で感じてみましょう。

…どうですか?意外と「何かできる」気はしませんか?

意外と60秒というのは長いものです

 

それに、勉強は必要以上にだらだらと、

睡魔や誘惑と格闘して行うものではなく、

制限時間を短く設定し、短期集中決戦を何度も繰り返すものです

その方が頭が活性的に働いてきます。

 

みなさんも勉強するときは、すべて1分とは言いませんが、

なるべくたくさんの時間をとるのではなく、

短い勉強時間を何度も取ってみてください。

(休憩をたくさんしていいよ~という意味ではありませんよ^^;)

 

東進ハイスクール 千歳烏山校

浅野