共通テスト模試の復習法~世界史編①~ | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 5月 4日 共通テスト模試の復習法~世界史編①~

こんにちは!千歳烏山校担任助手の小松です!

ゴールデンウィークも残すところあと2日となってしまいましたが、皆さんどのように過ごせたでしょうか?夏休み前最後の長期休暇であるこのゴールでウィークは、朝から丸一日勉強するというサイクルを経験できる貴重な機会です。残りの2日間もめげずに頑張っていきましょう!

本日も昨日に引き続き模試の復習方法についてお話ししていきます。本日は世界史についてです。

ですが、その前にお伝えしておきたいのが、模試の自己採点・復習はテストを受けた当日中に終わらせるようにしてください!校舎に登校する際に、自己採点表出した?復習した?とよく担任助手から聞かれると思います。これはみんなの点数がどうなったかこちらも把握したいから、という理由でなはく、復習を早く終わらせて欲しいというのが大きな理由です。復習は先延ばしにするほど自分がどのように解いたかを忘れてしまい、復習の効果が薄くなってしまいます。せっかく模試を解いたのに、復習を怠っていては勿体ないです!その日中に終わらせることを心がけていきましょう。

それでは私が実際に行っていた「世界史の復習方法」についてお話ししていきます!私は以下の手順に沿って復習をしていました。

❶全ての問題の選択肢で自分が間違っていた箇所に線を引く

まず初めに私が問題を解く際に必ず行っていたことが、選択肢で誤っていると思った箇所に全て線を引くということです。この作業を行なった上で、❶をしていました。解答を見たときに、もちろん初めは答え合わせをして点数を出すのですが、その後は自分がその問いに正解したかよりも、自分が下線を引いた選択肢の部分があっているかというのを一つ一つ見ていました。自分の問題と解答を照らし合わせて間違っていたところには赤線を引いていました。

❷赤線を引いた部分を詳しく復習する

続いて赤線を引いた範囲に関しての復習をしていました。詳しくというのは、資料集で地図を確認したり、用語集でその単語の意味を確認したり、テキストでもう一度確認したり、、、自分の曖昧なところが解決するまでとことん深く掘り下げて復習していました。このとき❸のことをしたかったので私は問題用紙にはあまり書き込まないようにしていました。

❸復習をした次の日以降にも再度確認する

復習をした次の日からは、その赤線を引いた部分のみもう一度確認していました。赤線を引いた部分を見て、昨日復習した内容がぱっと出てくるかどうかのテストを自分でする、というイメージです。そのときにぱっと出てこなかったらその選択肢には印をつけてまた次の日に復習、というのを印がなくなるまで繰り返していました。

以上のような復習方法を毎回の模試で行うことで、徐々に世界史の知識量が増えていきました。世界史は模試などのテストで解いた問題が、強く記憶に残ることが多いです。なので、模試の結果に一喜一憂するのではなく、復習に力を入れることで実力を伸ばしていきましょう!!

私からは以上になります。ぜひ参考にしてみてください!

次の担当は鈴木先生ですお楽しみに!


ここからはお知らせです。

ただいま東進ハイスクールでは
6月全国統一高校生テスト6/13実施)の受付をしています。
共通テストに対応している模試です!


このテストを受けることで、自分の実力を測るだけでなく
今後やるべきことが明確化されるのでとてもおすすめです!
受験部門に関しては
高1生部門、高2生部門、全学年部門
に分けられています高1,2生でも全学年部門を受験することは可能なので
共通テスト本番レベルの問題に挑戦してみたい方は
是非全学年部門にお申込み下さい!無料で受験することが出来るのでぜひ受けてみてください!
※申し込み期間 ~6/10(木)
お申し込みはブログの最後のバナーから受け付けております!

また、ただいま千歳烏山校では東進1日体験を実施しています。
「塾を探しているけれど、正直どこが合ってるか分からない」
そんな方はいませんか?
東進の実力講師陣の授業を無料で受けられるチャンスです!
ぜひ目の前で東進生の1日を体験してみてください!

 

最新記事一覧

過去の記事