予定通りに過去問を進めるために | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2021年 9月 26日 予定通りに過去問を進めるために

こんにちは、担任助手の菅野です!!

9月も終わりが近づいてきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先週の「秋分の日」を皮切りに暦の上ではというのにまだまだ暑い日が続いていますね…。季節の変わり目は体調を崩しやすいので自分自身でしっかりと管理するようにしましょう!

さて、受験生の皆さんは先週のグループミーティングでは二次私大過去問演習の予定表を記入したと思いますがその予定通りに演習を進めることはできているでしょうか?その場でなんとなく書いただけでもう既に遅れ始めているという人がいると思います。過去問演習に限らずとも、受講の計画を立てたのに守ることができない、気づいたら予定より大幅に遅れてしまっている、、ということがよく起こる人は「何にどれくらい時間がかかっているのか」を明確に把握しておくことが必要です。まずは自分の頭の中の予定と実際の行動、この二つを比べることから始めましょう。そうすれば自然と自分がどこで予想以上に時間をかけているのか分かるはずです。校舎のホームクラスの入り口に「一日の行動計画表」というものが置いてあります。この紙には「予定」と「実際」が横並びで記入できるようになっているためとても便利です。是非活用してください!!

また、自分の頭の中の計画と実際の行動に違いが生じたときに何にどれくらい時間がかかっていいるのかを知る、という考えは模試や過去問演習の中でも応用できます。自分の中では試験時間内に解き切る予定だったのにも関わらず、実際にはまるで時間が足りなかったという経験がある人は、自分がどこの大問で時間を超過してしまったのか、そして自分にどのような力が備われば、その超過した時間が生まれることを防げたのかを考えることが大切です。ここまでできれば、あとは足りなかった知識や自分の能力を普段の勉強で強化していくまでですよね。模試や演習でいつも解き終わらない…と悩んでいる人は参考にしてください。

次の担当は近藤先生です。お楽しみに!