センター試験に向けて大切なこと。 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2014年 1月 12日 センター試験に向けて大切なこと。

こんにちは。

担任助手の山崎です!いよいよ来週にセンターが迫ってきました。

みなさん、どんな気持ちでいますか。

受験勉強をスタートしたときのことを思い出してみてください。

ここまで来るのにいろんな葛藤がありましたよね。でもここまで勉強を続けてきたことに誇りを持ちましょう!!

 

今日から3連休です!是非、2日間を使ってセンター模擬体験をしてみましょう!

普段、模試などでセンター形式の問題・時間配分になれていても、本番同様の時間帯は異なります!

次の試験までの休み時間が長かったり、昼ご飯のあとに国語だったり・・・(実際に山﨑はご飯をしっかり食べたので、国語の時間で眠くなりました・・・。)

本番と同じ時間帯で、センターの問題を解いて疑似体験しておくのは大事です。

何事にも準備が必要です。流れを体感できていれば本番でも極度の緊張に陥ることはないし、落ち着いて集中して取り組めます。

千歳烏山校では受験生対象に明日明後日とセンターFINALを実施します!

また、15日(水)にはセンター出陣式を行います!21:00~21:30です。校舎一体となって本番に挑みましょう。

 

<センター試験での注意事項>

①筆記用具は多めに!!

鉛筆は7本、けしごむは3個!用意周到で臨みましょう!

②教室内は席によって暑かったり、寒かったり。体温調整が出来る服装で!

薄めのものを重ね着したり、カーディガンなどがおススメです。

③昼食は軽めに!

サンドイッチなどがおススメ。しっかりご飯だと、国語で睡魔が襲ってきます・・・(山﨑のケース)

⑤心を落ち着けて、自分が持っているものを“丁寧に”出し切ることをイメージ!

焦っても意味がありません。ちゃんと冷静に自分が培った力を出すだけです。それ以上のものは出ないので、無理せず問題に集中しましょう!

⑥身体をリラックスさせる!

試験が終わるたびに、ツボを押したり、首をマッサージしたり、ハンカチに付けておいたアロマオイルの香りをかぐなどして、自分を適度に癒す工夫をしてました!

以上です。

何事も想定しておくことが大切です。

想定しておく、それは自分のためでもあります。

最近読んだ本にも書かれていました。「人を不安にさせることが一番の失態だ」と。

人間なのでどうしても気持ちに左右されることがあります。

なにも準備が整わないうちに、飛び出していくことほど怖いことはありません。

そんな環境に身をおく自分が可哀そうです。自分を不安にさせないこと、自分を誇りに思うことも大事です。

何事も、「自分のために出来ることはなにか」を一番に考えて合格まで突き進んでください!!

最後までサポートしていきます。