サイエンスセミナー♪ | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2013年 9月 30日 サイエンスセミナー♪

こんにちは!武川です!
今回は先日行われたサイエンスセミナーについてお話します。

今回講演して下さった先生は
永瀬賞 最優秀賞を受賞した高橋和利先生
 永瀬賞 特別賞を受賞した長谷川裕司先生です。

長谷川先生の講演では
物理分野で古典力学(マクロ)と量子力学(ナノ)についてのお話をしてくださいました。
僕が一番印象に残った言葉は
『100年近く信じられていた量子力学の原理を間違いだと発見するためには多大なるリスクと人件費を負うことになる。しかし、新しいものを始めるには多少のリスクが伴うものだ。そして、それを越えられる自分の意志を大事にすべきだ。』という先生のお言葉です。

この言葉は受験生にも通ずることでもあると思います。
失敗を恐れて委縮するのではなく、成功すると信じてチャレンジすること
皆さんもこの言葉を大事にし、受験に励んでください。

高橋先生の講演では
IPS細胞についての講演をして頂きました。
IPS細胞をサッカーの例に例えるなど本当にわかりやすく誰でも理解できる素晴らしい講義でした。
僕が印象に残った言葉は
難関大と呼ばれる大学に入ったらハングリーさをもち
それ以外の大学に入ったら清き正しい劣等感を持てという先生の言葉です。

やはり大学は良い大学に入ること、これは確かに大事なことです。
しかし、一番大事なことは入った大学で何をするかということです。
皆さんのゴールは大学に入ることではありません。もっともっと先のことです。
今の目標は第一志望の大学に入ることかもしれませんが
もっともっと先を見据え、大学に入った後も努力し続けましょう!!

 

担任助手 武川