アルティメットコンゴ代表監督が緊急来校!! | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

校舎からのお知らせ

2014年 11月 23日 アルティメットコンゴ代表監督が緊急来校!!

冬期講習開始!!

 

新学期にむけて誰よりもはやくスタートしたい!そんなあなたは必見です!!

 

———————————————————————————————————————–

 

みなさんこんにちは。

最近肌寒くなり、紅葉も次第に終わりを迎え、街はイルミーネーチョンが増え、いよいよ冬本番を迎えようとしている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 さてさて、昨日はわが校舎において、「スペシャル夢HR」と称し、元下北沢校担任助手、現コンゴ民主共和国アルティメットナショナルチーム代表監督、ンゴ民主共和国 フライングディスク協会 副会長の 大川晴さんによるHRを開催しました!!

生徒は普段聞けないような、貴重な話を真剣な眼差しで聞いていました。

お話しの内容としては、まず導入として、スピーカーをブルギナファソというアフリカの国で普及させるにはどうしたらいいかを考えることから始まりました。5分間で、生徒は知恵を振り絞って考えていました☆ 私だったら・・・コンゴで一番人気の曲をスピーカーで大音量で流しながら、「this is made in Japan!!!」と叫びながら歩きます(笑)

はい、本題ですが、メイントピックは、「やりすぎ力」。 大川さんが大学在学中にコンゴに渡り、アルティメットというスポーツを普及させ、あっという間にコンゴの国技にし、あれよあれよと代表監督になってしまったと。

お話しの中で印象に残ったことは、普及させるための方法です。

おそらくすべてのことに言えると思いますが、普及させるために一番良い方法は、「学校教育に入れるということ

大川さんもアルティメットをコンゴの学校教育に入れることができたおかげで、普及が広まったと仰っていました。

「平和のスポーツであるアルティメットを全国に普及させ、コンゴ社会に平和をもたらせたい」という思いを行動に移せる実行力。

そしてそれをやりすぎる力。その圧倒的な体験談を、神妙さと笑いを混ぜ合わせてプレゼンする大川さんに、我々は感銘を受けました。

最後にはこれから受験を迎える高校生に、熱いメッセージを送って頂きました。

憧れが目標になり、それが夢になる

自分を変えられるのは、自分だけ。変えるなら今

大川さんは自身の経験からお話しされるので、とても説得力があります。

今日のHR以後の、生徒の行動の変化が私は楽しみで仕方ありません。

大川さんは現在も、2016年アルティメット世界大会で、「アフリカの奇跡を起こす

ために、日々奮闘中です。

私は実現できると信じております。

大川さんのHRに出た生徒は、間違いなく大川さんの熱い思いを受け取ったことでしょう。

千歳烏山の生徒一同で、2年後の世界大会、コンゴ代表が大躍進をすることを心から願い、応援します。

そして我々も、感謝の証として、それぞれの夢に向かって全力でやりすぎる努力をします。

本当に忙しい中、貴重なお話、ありがとうございました。

千歳烏山校 スタッフ一同