模試の必要性 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2017年 8月 26日 模試の必要性

こんにちは担任助手の佐藤です。

東進は1年でたくさんの模試がありますよね?

ほぼ毎月1度、センター形式の模試は2ヶ月に1度の頻度で行われます。

それは、なぜか…

模試では、復習を含めてかなりの時間を使います。

当然予定をあけるのは大変です、

受験生の皆さんはほかにやりたい勉強がたくさんあるのに!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか

そんな皆さんに佐藤が特別に、東進模試の有意義な使い方をご紹介いたします。

1.問題演習

一つは分かりやすく問題演習として活用する方法です。

どの教科でも、自ら答えを求め、記憶をあさり、答えを導き出す作業は

何にもまして経験値を得ることが出来ます

それがたとえ、どれだけ考えても思い出せず、答えを導き出せなかったとしても

復習をしっかりすることで、その経験はさらに新たなものを得る、レベルアップへとつながります

こういうことに関しては、皆さんに納得してもらえるのかなと思います。

2.see&plan

東進生の模試後に行われる面談。

これが、東進ならではの模試の使い方だと思います。

勉強の計画を自分でしっかり考え、やりたいこと、やるべきことを担任助手とまとめ

次回模試の目標を定める

そして模試が終わり、上手くできたところ、予定には無かったがやるべきだと思ったところ

新たに見つかった弱点。

それらを、面談で話し今後に繋げていく

see&planの繰り返しこそが模試の活用で大事になってくると思います

その他模試にはたくさんの利点がありますが、

全てお話しようとするととても大作なブログになりそうなのでここでしめさせて頂こうと思います

それくらい模試は大事だよということさえ伝わっていれば佐藤は大満足です

もしも明日に迫りました

皆さんコンディションをととのえて頑張りましょう