受験の失敗談~佐藤 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2017年 8月 7日 受験の失敗談~佐藤

こんにちは担任助手の佐藤です。

本日は佐藤の受験の失敗についてお話ししたいと思います。

過去を振り返って考えてみると、後悔・失敗の思い出が沢山あります。

というよりも、毎日失敗続きでした。

そしてやはりその失敗の殆どの要因が私という人間一人の弱さにあるんですよね。

自分一人ということを意識すると、途端に弱くなってしまいます。

高い志や強い思いが一人としての弱さを克服する一番のものなのでしょうが

残念ながら私の志は、私の弱さより弱いものだったのだと思います。

そこで、私の一番の失敗は自分が一人でいたことだと思います。

それは、物理的・実際において集団で勉強するのが絶対にいいというわけではありません。

それは、仲間やライバルや担任助手や親の存在を意識しておくということです。

あいつに負けたくないから、担任助手と約束したから。

他の人に理由があるとき、自分の意志に他人との関係が合わさるときに

1人の弱さに打ち勝てるのだと、今振り返ってよくわかります。

妥協をなくすには、自分に負けないためには

理由を他人に任せてみるのもいいのではないでしょうか。

逃げそうになった時ぜひ試してみてください。

一緒に頑張りましょう。