受験の失敗談 日戸版 | 東進ハイスクール千歳烏山校|東京都

ブログ

2016年 8月 14日 受験の失敗談 日戸版

こんにちは!担任助手の日戸です。

体感では4年ぶりくらいにブログを書きます。

 

引き続き受験の失敗談ですね。

昨日の張さんはセンタ―本番でしたが、

私の1番の失敗は私大の入試の本番で起こりました。

 

1科目目の試験の解答時間が終わり、解答用紙が回収されてから、

ふとこんな考えが浮かんできました。

 

「あれ?名前書いたっけ?」

 

見直したりした記憶がなく、

書き忘れたのではないかという考えが一気に頭を支配しました。

 

そこから1週間は地獄でした。

 

その日の残りの試験中はもちろん、翌日以降の試験中にも、夜寝る前にも、

忌々しい記憶がフラッシュバックし、胃に穴があきそうな日々が続きました。

 

試験本番は何が起きるか分かりません。

普段だと当たり前にできていることが突然できなかったりします。

 

名前を書いたか。受験番号を書いたか。

 

忘れるわけねーだろ、というようなことでも

普段受ける模試などの機会で徹底してもらいたいです。